structure


c0214542_97846.jpg




c0214542_971919.jpg



柱が木の幹のように成長するようですね。圧倒的です。
これだけの複雑な構造をガウディはどうやって構造計算したのでしょうか?
それは次回のカサ・ミラで紹介しましょう。


「あしあと」代わりに1クリックお願い致します (゜∀゜)ーー!!
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-11-11 09:01 | Architecture | Comments(2)
Commented by mayumi-roma at 2009-11-12 04:34
いやはや、なんという壮大さでしょう♪
写真でこれだけのものを感じられるんですから、実物を見たら本当に圧倒されるでしょうね~
やっぱり、行きたくなっちゃった♪

複雑な構造計算・・

実は、ウチの息子も本当は建築の道に進みたかったのです。
理数系は得意ですが、それを日本語で受験するのはあまりにも凄いハンディなので、今では将来の夢も目指す学部も別のものに変わりましたが・・

イタリアの大学では、建築学科は卒業後一番仕事がない学部なんですよ。海外に道を求めない限り・・
おかしいですね。
日本の方はたくさん留学で来るのに・・
Commented by no_doiken_no_life at 2009-11-12 13:26
> mayumi-romaさん
友達もこの間イタリアに短期留学に行ってました。
今はどこも建築業界は仕事がないようです。イタリアも歴史的建造物が
多いですから新たに建てられませんからね。イタリアはレンゾピアノが有名ですが、
巨匠の設計事務所でもリストラが多いらしいです。

ブログでもみましたが、息子さんは日本の大学に受けるんですね。
日本人は外国語しゃべれる人少ないから、息子さんには頑張ってもらいたいです!
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl