建築のうんちく=建蓄?

c0214542_22455249.jpg


新宿西口にはあまり用はないので行かないのですが、今日は西口のお勉強をしましょう。
1966年9月に新宿駅西口地下広場、小田急百貨店が建築家「坂倉準三」によって建てられ、
人工地盤による立体都市が出来上がります。西口が南口より高い場所にあるのは、
地形+この人工地盤によるためです。(意外に新宿は地形の高低差が激しいです)
日本で最も多い人がGLだけで移動するとパニックになるので、立体的に人や車をさばこうとした
わけです。
その後1971年に京王プラザホテルが淀橋浄水場跡地に建てられ、ここから副都心新宿の歴史
が始まるんですね〜。人工地盤によって人や車がスムーズに高層ビル群に行けるようになるので
この人工地盤がまさに副都心新宿の礎になっているのです。

人工地盤と一緒に小田急百貨店が建てられましたが、当時は建築の高さ制限が30mだったので、
小田急百貨店や周辺のハルク(ビックカメラ西口店)、写真にも写っている松岡セントラルビル、
スバルビル、明治安田生命ビルなど、ぎりぎりの30mで建てられて今も現存しています。
そのため現在の高さ制限が違うコクーンが背景に現れ、建築が建てられた時代を高さによって
認識することができます。

今までこのことに気がついている人はいましたか?なかなかこういう視点では街を眺めないですよね。
参考になりましたか?(何のwww)いつもと違った視点で都市を見てみるのもお勧めしますよ!
撮影/2019/03/22/新宿
ISO:200/手持ちAEB±2/3jpg/photomatix/Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-03-24 23:15
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl

タグ

blog parts

その他のジャンル