建築のうんちく=建蓄?

c0214542_22455249.jpg


新宿西口にはあまり用はないので行かないのですが、今日は西口のお勉強をしましょう。
1966年9月に新宿駅西口地下広場、小田急百貨店が建築家「坂倉準三」によって建てられ、
人工地盤による立体都市が出来上がります。西口が南口より高い場所にあるのは、
地形+この人工地盤によるためです。(意外に新宿は地形の高低差が激しいです)
日本で最も多い人がGLだけで移動するとパニックになるので、立体的に人や車をさばこうとした
わけです。
その後1971年に京王プラザホテルが淀橋浄水場跡地に建てられ、ここから副都心新宿の歴史
が始まるんですね〜。人工地盤によって人や車がスムーズに高層ビル群に行けるようになるので
この人工地盤がまさに副都心新宿の礎になっているのです。

人工地盤と一緒に小田急百貨店が建てられましたが、当時は建築の高さ制限が30mだったので、
小田急百貨店や周辺のハルク(ビックカメラ西口店)、写真にも写っている松岡セントラルビル、
スバルビル、明治安田生命ビルなど、ぎりぎりの30mで建てられて今も現存しています。
そのため現在の高さ制限が違うコクーンが背景に現れ、建築が建てられた時代を高さによって
認識することができます。

今までこのことに気がついている人はいましたか?なかなかこういう視点では街を眺めないですよね。
参考になりましたか?(何のwww)いつもと違った視点で都市を見てみるのもお勧めしますよ!
撮影/2019/03/22/新宿
ISO:200/手持ちAEB±2/3jpg/photomatix/Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-03-24 23:15 | Comments(5)
Commented by hiro_sj30 at 2010-03-25 17:33
新宿西口の立体構造というのは、最初に訪れた際、岡山の片田舎で育ってきた者にとって、なかなか理解できませんでしたね。
今年から西新宿で働いているんで、毎日のように通るというのに、イマイチ掴みきれていないかも…。

地下だと思って都庁方面へ通路を歩いていたら、そこが地上に…。
地下、1階、階上の概念が分かりづらいですよね。

名古屋や大阪も転勤で住んでいたので、よく地下街は散策しましたが、こういった混乱は少なかったです。
関東、濃尾、大阪と、同じように広い平野にある街とはいえ、やっぱり東京は高低差が大きい街だからでしょうか。

武蔵野台地と河川による侵食で出来た河岸段丘と高低差。
それに沿ってできた建物の作る稜線。
東京はそういう視点で眺めていると、イロイロ発見があって面白いですね。
Commented by はる at 2010-03-26 15:23 x
西口ってそういう理由であんな感じになったんですな。
NHKの『ブラタモリ』みたいに大変勉強になりました。
しかし、どんどん映画『ブレードランナー』化していくのがカッコイイですな。
Commented by no_doiken_no_life at 2010-03-26 23:17
> hiro_sj30さん
オイラも広島から出てきて最初は混乱しましたね〜(笑)
広島から友達遊びにくるとき、「絶対に東口から出ろよ」って言ってもなぜかいつも
南口から出てくる友達にはうんざりです(笑)

新宿ってGLって研究してる人も理解するのが難しいらしいです。
今度お店紹介してください〜!!HDRerで突入しますよwww
Commented by no_doiken_no_life at 2010-03-26 23:20
>はるさん
ブラタモリとかタモリ倶楽部もたまにこういうのやりますよね(笑)

ブレードランナーみないな都市になるには建築より、プロダクトや移動手段の
インフラ機能の進化の方が重要だと思いますです!
Commented by mayumi-roma at 2010-03-27 06:04
新宿が高低さのある街だとは思っていましたが、わざわざ人工的にそういう作り方にしていたとは知りませんでした♪
実は私、西新宿が一番好きで、毎年東京での滞在は都庁近くのマンスリーマンションなんです。
高層ビルが親子ともども大好きで、毎日うろうろしています。
でも、西新宿って、ちょっと通りを入るとものすごく静かで、古い木造アパートや民家がけっこう残っているんですよ。
そういうところもいいんです♪
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl

タグ

blog parts