Technoscape

c0214542_146732.jpg


「テクノスケープ」という言葉をご存知だろうか?
テクノロジー(技術)とランドスケープ(景観)との造語のことで、ランドスケープが緑の景観なら、
テクノスケープは工場や鉄塔などの産業景観を表す、インド出身の文化人類学者アルジュン・アパデュライが作った言葉です。
数年前に建築界でも話題になったけど、いつの間にか忘れ去られてますが、廃工場等をリノベーションしたり、
コンバージョンしてギャラリーやアトリエに機能を変化させたり、建築の世界でも工場というのは身近なものになっています。
ドイツのフェルクリンゲン製鉄所やツォルフェアアイン炭鉱業遺産群のように世界遺産にもなっているものもありますしね。

オイラは瀬戸内海で育って、造船場や工場、鉄道等を見て育ち、それが原風景になっています。
まさにテクノスケープの中で育っていったと言っていいでしょう。
このHDRのように、道路の奥にいきなり工場がある風景がテクノスケープと言うわけです。
工場だけの写真もいいですが、こういうギャップのある景観もすばらしいと思います。

また小学生の時に見た、「Black Rain」、「ターミネーター2」、「AKIRA」。
これらもまた記憶の中のテクノスケープと呼べるのではないでしょうか。
てゆーか、小学生のころにこれらの映画にハマっていたオイラッて . . .変態♡(笑)

#テクノは中田ヤスタカよりBOOM BOOM SATELLITESの方が好き♡



撮影/2010/09/13/京浜工業地帯/ISO:200/AEB±2/6jpg/Photomatix/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-09-20 01:46 | Architecture | Comments(2)
Commented by hiro_sj30 at 2010-09-20 23:50
川崎の「テクノスケープ」、良いですね。
工場HDRデビューとは思えない、クリアでヌケの良い仕上がりですな〜。

私も瀬戸内沿岸で生まれ育ち、水島コンビナートや坂出の番の州を間近に見て育ってきたので、日常の生活風景と工業地帯の入り交じった「テクノスケープ」は原風景となっています。

北九州の東田第一高炉のように、日本でも産業遺産の保存がされるようになりましたが、規模といい、保存〜展示方法といい、フェルクリンゲン等に比べるとまだまだですね。
岩手の釜石等も、日本とアジアの歴史的な製鉄の街なのに、今や高炉一つ残ってないので、実際に訪れるとしょんぼりしてしまいます。

先日、nobiannさんとバイクで川崎を巡ってきたので、私もしばらくHDR Factoriesのほうで川崎の写真をUPしていきます。
Commented by no_doiken_no_life at 2010-10-03 01:45
> hiro_sj30さん
初めて工場撮影しましたが、難しいですね。けっこう没りました!
水島コンビナート、実家帰ったついでに行ってみようと思います!

やっぱり瀬戸内の海沿いとのコラボは最高でしょうね!
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl