尾道

c0214542_22521773.jpg


尾道の路地は京都の路地にも負けず劣らずの美しさがあると思う。
この写真は以前に4th:Photoshopの活用方法で投稿した写真を一年ぶりにトーンマッピングしてみた。
以前より上品になったかな?以前はオーバーレイで暴れてたからな〜。
以上尾道よりお届けしました。nobiannさん楽しんで頂けたでしょうか?
ぜひ行ってみて下さいね。尾道ラーメンを食べるのを忘れないように!

あと尾道を舞台にした映画、ドラマ、アニメを見て予習していって、聖地巡礼するとおもろーですよ!

尾道を舞台にした作品
映画
東京物語:小津安二郎監督:1953年11月3日公開:昭和28年度文化庁芸術祭参加作品
裸の島新藤兼人監督:1960年公開:1961年モスクワ国際映画祭グランプリを始め、数々の国際映画祭を受賞
・悲しみは女だけに:新藤兼人監督
:男たちの大和/YAMATO:佐藤純彌監督:2005年12月17日公開
 :向島の日立造船向島西工場跡地に、総工費約6億円をかけ、原寸大の戦艦大和ロケセットが造られた。

大林宣彦監督作品
尾道三部作
転校生:1982年公開:第4回 ヨコハマ映画祭作品賞
時をかける少女:1983年7月16日公開:第7回日本アカデミー賞新人俳優賞
さびしんぼう:1985年公開:おおさか映画祭作品賞、アルジェリア映画祭グランプリ受賞

新尾道三部作
ふたり:1991年公開
あした
>:1995年9月23日公開
あの、夏の日
:1999年7月3日公開

テレビドラマ
NHK連続テレビ小説第4作「うず潮」1964年4月6日〜1965年4月3日放送:平均視聴率は30.2%、最高視聴率は47.8%
NHK連続テレビ小説第83作「てっぱん」:2010年9月27日〜2011年3月26日放送予定:

漫画
ぱられる
:小林俊彦作:マガジンSPECIAL2000年8号から2002年1号連載
ぱすてる
:小林俊彦作:週刊少年マガジン2002年32号から2003年33号まで連載、マガジンSPECIAL2003年10号より連載中
タビと道づれ
:たなかのか作:月刊コミックブレイド2006年9月号〜2010年4月号連載

アニメ
かみちゅ!:2005年6月29日〜9月28日放送:平成17年度第9回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞、
 日本のメディア芸術100選アニメ部門に選出
:作中に登場する一部の店には、取材協力へのスペシャルサンクスとして、尾道市内に実在する店の名前が使われている。
ヒカルの碁TVアニメ第61局「佐為が消えた?」、第62局「広島最強棋士」
 :主人公の進藤ヒカルに取り憑いた平安の天才棋士・藤原佐為の霊が、ヒカルの以前に取り憑いていた江戸時代の囲碁棋士、本因坊秀作の出身地

2009/12/19/尾道/ISO:200/AEB±2/3jpg/Photomatix/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-11-01 00:45 | City | Comments(2)
Commented by nobiann at 2010-11-01 09:11 x
リクエストにお応え頂きありがとうございます!関東にはないこの街並み。まずはDVDで鑑賞します(爆
Commented by no_doiken_no_life at 2010-11-04 00:50
> nobiannさん
是非行ってみて下さいね。
今度撮影ご一緒しましょう!
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl

タグ

blog parts