CP+でjpegとRAWのHDRの違いを検証してみた。

先日からjpeg+RAWで撮るようになったので、ちょっと気になったことがあります。
HDRはjpegから作るのか、RAWから作るのか?そこで二つのHDRの違いをCP+で撮った
会場で一番タイプだったPENTAXブースのお姉タソで検証してみました。
そもそもjpegとRAWの違いとは?ということで項目だけまとめます。

・jpegとRAWの違い。(wiki参照)

RAWとは完成状態にされていない画像データのことである。「生」「未加工」を意味する。デジタルカメラは
撮影時に各画素に対してその周辺画素から足りない色情報を集め与えることで色情報を補完し、フルカラー画像を
作り出す「デモザイク」(de-mosaic)処理を行っている。多くのデジタルカメラではデモザイクに並行して
色や明るさのトーン等を自動レタッチする画像処理を行い、完成した画像をJPEGやTIFFなどの汎用画像フォー
マットで保存する。
またjpegとは静止画像のデジタルデータを圧縮する方式のひとつ。jpegフォーマットは通常非可逆圧縮であり、
元データ(RAW)と比較すると原理的に画質劣化が避けられない。さらに、これらフォーマットのビット深度は
通常各色8ビット、合計24ビットしかないため、通常12ビットの精度があるイメージセンサから受け取った情報を
大幅に切り捨てるほかなく、撮影後の露出(画像の明暗や輝度)調整が困難になり、レタッチをしようとすれば
するほど画質低下が際立つ。

以上をふまえて、ブラケット撮影したjpegからのHDRとRAWからのHDRの比較をしてみました。
Photomatixのパラメータはsmoothingを除いて統一してあります。そしてsmoothingパラメータを左から、
Mid、High、Maxと並べています。なぜsmoothingだけを比較しているかと言うと、トーンマッピングする時、
smoothing以外触れないからです。ただそれだけです。

・jpegHDRの比較
c0214542_004276.jpg

・RAWHDRの比較
c0214542_0138.jpg


どうでしょうか?正直ここまで差が出るとは思ってもみませんでした。Photomatix proのバーションが、
3.0から4.0になった時点で、jpegからのHDRも彩度がかなり操りやすくなったと思いましたが、RAWでから
トーンマッピングすることでさらに彩度の調整がさらに自然にできるような気がします。
さらにディテールもより細かく合成されていると感じます。拡大写真を見るとよく分かると思います。
ただ描写もよくなることで、自動動体除去してもかすかなずれが残った場合、RAWHDRの方が目立ち
易くなっています。まぁそこはさらなるレタッチで除去しましょうと言うところですな。

・jpegHDRの拡大画像
c0214542_013181.jpg

・RAWHDRの比較
c0214542_014425.jpg


そしてレタッチ、動体除去したものがこちらです。う〜ん、やっぱこのお姉タン綺麗だわ。
c0214542_02951.jpg


・愛用のレタッチがうまくなる参考書です。
Photoshop 10年使える逆引き手帖/コスプレイヤーのための2.5次元フォトレタッチガイド
撮影/2011/02/10/みなとみらい/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/3shot jpeg+RAW/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-15 01:04 | Human | Comments(8)
Commented by まぐかっぷ at 2011-02-15 01:21 x
こんばんは
RAWだと、露出±1程度の余裕があると思ってます。
最近ではRAW運用してることもあり、
RAW→Photomatixぶっこみ→Tiff出力→Photoshopで、
一番最後にJpeg出力してます。

「デモザイク」自分も最近知ったのですが、
原色をちゃんと出してるシグマのセンサーが気になりますねー
Commented by no_doiken_no_life at 2011-02-15 08:18
>まぐかっぷさん
>RAWだと、露出±1程度の余裕があると思ってます。

これはどういうことなのでしょう?今回のHDRはEV値-2〜+2でブラケット撮影したものを
トーンマッピングしていますが、RAWだと-3〜+3程度になると言うことでしょうか?
Commented by junki at 2011-02-15 16:54 x
うーん、動体補正したものの動体部分はフェイクHDRになるので
RAW と jpeg の差は大きいでしょうね。

RAW と jpeg の HDR ソース画像としての差を比べるのは
動体でない部分で比較すべきなのでは?

ダイナミックレンジに関しては RAW だからといって
現像後の jpeg よりはほんのちょっとしか広くないですよ。
Commented by no_doiken_no_life at 2011-02-15 22:52
>junkiさん
>うーん、動体補正したものの動体部分はフェイクHDRになるので
RAW と jpeg の差は大きいでしょうね。

ですよね。こんなに変化ついたのは動体除去してあるからでしょう。
動体でない部分で比較した方が良かったですね。
個人的にはやはりRAWでレタッチした方が破綻しなくていい部分も
あった気がします。RAWの難点はHDDの容量が足りなくなることでしょうか()笑
Commented by まぐかっぷ at 2011-02-20 23:03 x
遅くなりましたが
自分ではRAW現像するときに、
露出補正が±1程度ならいじってもあまり破綻してない印象だったので
RAW単写で-1~+1程度のブラケットに近いレンジが確保できてるかな~と感じてましたが、junkiさんのコメントだとそうでもないみたいなのかな?
すんません、しっかり検証してないもんで(汗
Commented by no_doiken_no_life at 2011-02-22 14:23
>まぐかっぷ さん
たしかに単射RAWで9枚現像すると±1くらいのブラケットに近いかもしれないですね。
RAWだと単射fakeHDRに幅が広がった気がします。
Commented by Orca at 2011-05-27 16:08 x
私も一枚の写真からHDRを作ってみたのですが、RAWの威力は凄いものですね。
Commented by no_doiken_no_life at 2011-05-31 23:09
>Orca さん
でも結局FAKEですからね。
1枚からのはHDRではないです。
悪魔で嘘HDRです。
ブラケット撮影→トーンマッピング→tif16bit保存が正しいHDRです。
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl