匿名性であることの感動と高揚。

WAVE

茂木健一郎さんの"連続ツイート再開"に対しての、デザイナー/エンジニアであられる"山中俊治"さんの今朝の一連の
ツイートを見て。


山中俊治 Shunji Yamanaka ‏@Yam_eye
まともに美術教育を受けてないおかげで、ピカソやダヴィンチに不意打ちで出会えた私は、本当にラッキーだったとあらためて思う。茂木さん @kenichiromogi さんの連ツイ「不意打ちを待つために、知りすぎてはいけない」 http://togetter.com/li/477074

山中俊治 Shunji Yamanaka ‏@Yam_eye
30代の頃、初めてウフィツィ美術館に行った時に、いろんな絵が並んでる部屋の中で圧倒的に光ってる一枚の素描があって「この人めっちゃうまいなあ」と思って近よったら、Leonardo da Vinci ってプレートがあった。素の出会いの感動は忘れない。

山中俊治 Shunji Yamanaka ‏@Yam_eye
その後、いろいろダ・ヴィンチのスケッチを見てまわって、うっかり「ダ・ヴィンチって案外メカへたですよね、パース狂ってるし。」って発言したのを、坂井直樹さん @naokix11 に今だにいじられる。(遠近法の開発者に遠近法が未熟だと言ってしまった…恥)



と、あります。
作者がわからないけど、これなんかすげー!!!って感覚を皆さんも一度はお持ちのことでしょう。
それが私の場合はHDRでした。
今でこそHDRは携帯アプリなど多数存在しますし、なんちゃってHDRも数多く存在します。
私が始めたHDRを始めたのは2006年にニコンサロンで見た"中東正之"さんの「"サヨナラ軍艦アパート"」
そして辿り着いたのが「"あかるい夜"」だったんだな〜。
当時の僕のカメラ初心者小僧から見たらそりゃもうハンパなかったわけですよ。まさに不意打ち。
今見てもそうだけど、これぞHDRって思うんですよ。
それでHDRって検索しても当時は数人しかいなかったしね。
何なんだこの世界はって高揚しましたよ。
Photoshopは持ってたけどPhotomatixも持ってないしね。そして高まる好奇心。
必死に追求しましたよ。HDRを。
なんか古参厨臭くなってきましたけどね。モチベーションが上がってきましたよ。
桜撮りに行きましょうかね〜。

新建築 2013年 04月号 [雑誌]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]


撮影/渋谷/ISO:200/5 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K-5/PENTAX DA18-55mm/3.5-5.6/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2013-03-25 18:58 | City | Comments(8)
Commented by mayumi-roma at 2013-04-02 04:58
ドイケンさんにとっての不意打ちは、HDRだったんですね~
今日の記事は実に興味深かったです~
Commented by no_doiken_no_life at 2013-04-07 13:16
>>mayumiさん
HDRというか、中東正之さんの写真が異次元過ぎたんですよね。
その写真にたまたまHDR合成が使われていたと。
不意打ちくらいましたね〜!
Commented by nonbe at 2013-04-19 06:43 x
中東さんの手法はHDRiではなく手作業の切り貼りと本人がゆうてたよ。
Commented by shockatz at 2013-04-20 00:23 x
横から失礼します。何と!中東作品はHDRでない!
そやね。あんまりデジタル強そうやないから(失礼
Commented by no_doiken_no_life at 2013-04-20 09:40
>nonbeさん
それはそれは失礼。
ただレンジが広くなるには変わりない気がしないこともないです。
Commented by no_doiken_no_life at 2013-04-20 13:13
>shockatzさん
いやぁでも切り貼りはフォトショ使いこなせないと!
Commented by nonbe at 2013-04-20 17:43 x
カメラが適正露出と判断しても違うバヤイが多々あるので昔からプラマイ1/3とかまぁ2/3程度までのオートブラケットは良くやったもので、そん中から撮影者の意図する1ショットを選ぶのが常識だった。だが彼はもっと広げて3ショット撮りそれをレイヤーで重ねてそれぞれの頃合いの露出の部分、例えば北側のトタンは+1のレイヤーから、西側のトタンは-1のレイヤーから、ってな具合で手動で切り取って新規レイヤーに組み立てていったとのこと。画像のズレはその時に非常に手間になるのでカラダを動かさないように訓練したってゆうてた。ま、それがちょ~どHDR写真のハシリと重なったのでHDR写真からヒントを得たのかもしれない。(ただ、暗くツブれた所と明るくトんだ所を補完して画像を仕上げるということがHDR技術の本質ではないことは皆さんわかっていると思うが・・・)
あと、ちょうどその時オレが新風舎からHDR写真集を出すように依頼されてる事を言ったら「あそこはひどい噂があるからやめれ」と忠告された。そしたら少し経ってつぶれたので言う事聴いてよかったと思たとゆうおまけ話も。(笑)
Commented by no_doiken_no_life at 2013-04-21 17:11
>nonbeさん
HDRは特撮に近い気がします。
行程というかなんというか。
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl