<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

Look up !!

c0214542_2351715.jpg


最近わけあって、プチエイト三脚しか持って歩かないのでこういう視点になります。
低すぎて、覗けないのでどういう写真が写ってるのかわからないのがおもしろい、
いつもと違う視点。(ある程度計算はするわけですが)

撮影/2010/04/14/新宿/ISO:200/AEB±2/3jpg/Photomatix/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-16 23:17 | City

Chinese Gothic

c0214542_131782.jpg

撮影/2010/04/14/新宿/ISO:200/AEB±2/3jpg/Photomatix/Adobe Photoshop/

続き
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-15 01:53 | City

雨の日には銀残し

c0214542_182820.jpg

雨の日の夜景はブリーチバイパス風にするとしっくりくる気がするyo!yo!yo!
彩度を落とさないで漂白してやることがポイントだyo!

撮影/2010/04/12/新宿/ISO:200/手持ち/AEB±2/3jpg/Photomatix/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-13 01:12 | City

イタリアの世界遺産を巡る旅 part.4「巨人の国?」

c0214542_235272.jpg


現在のサン・ピエトロ大聖堂は二代目で15世紀に設計競技が行われて建設が始りました。
初代主任建築家は「ドナト・ブラマンテ」、その後何人か歴任し、最後の主任建築家は
「ミケランジェロ・ブオナローティ」あのミケランジェロです。彫刻や絵画だけじゃな
くて建築家でもありました。しかもミケランジェロは昔の主任建築の案を「牛の放牧場」
と言ったあげく、気に入らなかった部分をぶっこわして現在の大聖堂を完成させたらしい。


撮影/2006/02/24/ローマ/1jpg/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-11 23:08 | Architecture

Cherry Blossoms

c0214542_23121092.jpg


c0214542_23121712.jpg


c0214542_23122538.jpg


Colour fieldさん主催のサクラ展に飛び入り参加させていただきました。
素敵な方々の素敵な桜がご覧になれます。
オイラはHDRI B&W ver.でUPしてきました〜♪

撮影/2010/04/07/新宿御苑/ISO:200/AEB±2/3jpg/Photomatix/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-10 19:01 | Plant

イタリアの世界遺産を巡る旅 part.3「バチカン市国」

c0214542_1346920.jpg


世界で一番小さな国だけど、建築のディテールや彫刻が規格外ですね。
不思議の国のアリスになった気分♪

撮影/2006/02/24/ローマ/1jpg/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-10 14:06 | Architecture

Symmetrical HDRI

c0214542_23414639.jpg


首を左に90°回転させてご覧下さい。

撮影/2010/04/07/新宿御苑/ISO:200/AEB±2/3jpg/Photomatix/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-08 23:42 | Scene

イタリアの世界遺産を巡る旅 part.2「パンテオン」

c0214542_185995.jpg

c0214542_1851836.jpg

初代パンテオンは火事で焼失、現在の二代目は西暦118年から10年で完成。
もう1883歳なんですね。パンテオンは、なぜこんなに長い間壊れずに存在しているのか?
答えはここで使われているコンクリートも古代コンクリートで作られているからです。

ファサードはトスカナ式のオーダーですね。シンプルだけど威厳がありますね。
パンテオンって見た感じ幾何学的なんですよね。でも内部のオーダーはコリント式。
修復したときの時代の繁栄なのかな?例えば日本でも、室町時代のものを江戸時代に
修復すると、江戸時代の色が強くでます。京都とか行くときなんか、建てられた時代と
修復した時代を調べて行くと、今までと違った視点で楽ますよ〜(゜∀゜)――!!

撮影/2007/02/24/ローマ/1jpg/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-07 18:06 | Architecture

夜桜

c0214542_2332555.jpg

大分散って、花と葉っぱが半々でしたが、まだまだいけますね!
ブラケット撮影に風は天敵ですが風も少なかったのが幸いでした。
過去のヨーロッパの写真と現在の写真は交互にupしていきますね。

撮影/2010/04/06/新宿/ISO:200/AEB±2/3jpg/photomatix/Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-06 23:42 | Scene

イタリアの世界遺産を巡る旅 part.1「コロッセオ」

このblogがヨーロッパやアジアを中心に世界遺産、建築、美術館、グルメを紹介するblog
だということをすかっり忘れてました(笑)というわけで海外の写真公開を再開します。
まずはイタリアはローマからコロッセオに行った時の写真をHDRにしていきます。
4年前はHDRIを知らなかったので全部単射故にnanHDRやTopaz Adjustで作成します。

c0214542_20313281.jpg

c0214542_20314115.jpg

まずはコロッセオ。建設はウェスパシアヌス治世の西暦75年に始まり、ティトゥス治世の西暦80年に完成
オープンから100日間に渡ってイベントが続けられ、数百人の剣闘士が闘い命を落としている。おーこわぁ(´;ω;`)
皆さんがよく目にするのは奇麗な表側ですね。これは裏側の方で崩れています。
というか壊されています。理由は、昔は金が施されていけど盗賊たちが盗んでいったのだ(゜д゜)!!
さらにレンガや大理石は他の建築に再利用されて、つまりはここは一種の採石場とされていました。
それでこんなあらわな姿になったんですね。

コロッセオで使われているコンクリートは古代コンクリート(ローマン・コンクリート:Roman concrete)
と呼ばれ、セメントとポッツオーリ(イタリア・ナポリの北にある町)の塵と呼ばれる火山灰を
主成分としています。古代ローマ人は火山灰に粘りがあり、セメントの混和を促進することを知って
いたとんですね。すごい(゜∀゜)――!!強度も現代コンクリートの倍以上はあったとされています。

c0214542_2035840.jpg

中ってあんま見たことないでしょ?中央には迷路見たいのがあります。それは舞台を支える為のもの
でもありますが、ローマ水道から引いた水を張ることもできて模擬海戦の上演もできたとされています。
あと、コロッセオには屋根をかける計画もあったらしいですね。

グラディエーターとかの時代は大勢の人が死に、公開処刑も行われた場所だから、現在は死刑廃止の
ために、11月30日の「死刑に反対する都市(Cities for Life)」の日や、新たに死刑を廃止した国が
出たときには、その記念としてコロッセオがライトアップされようです。

今ちょうどVenerdi Santo(聖なる金曜日)復活祭が行われているようです。
詳しくはこちらから→ローマより愛をこめて
ローマから芸術や生活習慣を発信している素晴らしいblogです。

撮影/2007/02/24/ローマ/1jpg/Photomatix/Adobe Photoshop/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2010-04-05 20:36 | Architecture
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl

タグ

blog parts

その他のジャンル