<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Build & Sclap

c0214542_2210426.jpg


c0214542_22103332.jpg


c0214542_22102553.jpg


小学校の時見た、ゴジラ対キングギドラで都庁が破壊され、
中学校の時見た、バトルロワイヤルでまた都庁が破壊された。
オレにとって新宿とはそんなイメージ。



撮影/新宿/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-28 22:14 | Architecture

軍艦SOHO

c0214542_210321.jpg

c0214542_2101627.jpg

c0214542_20595562.jpg

c0214542_20593369.jpg


今流行のシェアハウスと思うかもしれないが、よくよく考えてみれば、1980年代前後までに
立てられたマンションッて、風呂、キッチン、トイレって共用だったからマスコミもそんなに
騒がなくてもいいと思うんだが。コインランドリーなんてまさに共用スペースだと思うし。
共用インフラが個人のインフラになり、プライベートが確率されたのはバブルを騒いでいた人たちの
世代だろうか?共用ではなく、個人で収集したい、物欲がかなりあったのだろう。
でも今現在、オレの世代から下の世代は物欲がなく、赤い車を見てもフェラーリだと分からないらしいし、
ブランドバッグよりも雑誌の付録のバッグで十分と思うらしい。
そんな時代、人と共有して住むということが新たに始まり始めている。

リニューアル軍艦マンションで昔と違う点は、共有にSOHOが加わったことだろう。
SOHOとは、SO=small office HO=home officeの略。個人が自宅で起業できる時代になった。
外部との閉じた環境にあると思われがちだが、打ち合わせ等は共用部で行うこともできるし、
シェアしているデザイナーとのリレーションシップを築くこともでき、新たな住まい方ができるだろう。

撮影/新宿/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-26 21:20 | Architecture

軍艦マンションの再出航イベント「 GUNKAN crossing 」

c0214542_140226.jpg


第三スカイビル、通称、軍艦マンションの再出航イベント「 GUNKAN crossing 」に行ってきました。
ビルの設計は建築家、渡邊洋治氏。
私が渡邊洋治氏のことを知ったのは、大学一年生の頃に読んだ藤森照信の原・現代住宅再見でした。
なぜこのビルが軍艦マンションと呼ばれているかと言うと、建築のシルエットが軍艦のようでそう
呼ばれています。陸軍船舶兵出身で随所にその影響がうかがえる独特のデザインの建築物を手がける
. . . とwikiでも書かれていますが、もうちょっと詳しく。

遡ると彼の師は、日本モダニズムを代表する吉阪隆正氏、またその師の、近代建築三大巨匠の一人
ル・コルビュジェの影響があります。コルビュジェの代表作「ユニテ・ダビタシオン」はしばしば
客船とのモンタージュで表現されていました。
そしてユニテで確立した荒々しい打ちっぱなしコンクリートの表現「ブルータリズム」を継承し、
渡邊氏のデビュー作「龍の砦」の砦を設計しました。
コルビュジェの近代建築五原則の一つである、屋上庭園がありますが、軍艦ビルの屋上もとても心地
よい気分に浸れる、密集した都市の中の貴重なヴォイドを感じることができました。

このイベントは週末までやっているので機会があれば是非屋上に上ってみてください。

軍艦マンション再出航イベント [ GUNKAN crossing ]
期間:2011.2.22(tue)-2.27(sun)
OPENING PARTY:2.25(fri) 18:00~22:00
会場:軍艦マンション(新宿区大久保1-1-10) » googlemapで確認する
都営大江戸線、副都心線「東新宿」駅A1出口よりすぐ
時間:11:00~18:00(会期中無休)
入場料:無料

撮影/新宿/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-25 10:26 | Architecture

高貴【第24回ブログdeフォトコンテスト応募作品】

c0214542_19353965.jpg


風格、気品、 優雅さ、この真白いボディからは並ならぬものを感じる。
飛鳥Ⅱを夜間に撮るには、世界一周の準備期間の3日間しかないので、滅多に撮れない。
でも今年になって初めて撮ることができた。今は世界一周まっただ中。いつか飛鳥で
世界一周してみたいな。でも飛鳥のロイヤルスイートッて2500万なんだよな〜(´・ω・`)

タイトル: 高貴
応募部門: 「白(White)」
撮影者: doiken
撮影機材:PENTAX K20D/DAL 1:3.5-5.6 18mm-55mm AL
撮影日: 2011.01.11 00:00 ← 結構ぞろ目がそろってうれしいw
撮影データ: ISO:100、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート
被写体の情報: 飛鳥
使用ソフト: Photomatix pro 4.0にてHDR化
       Adobe Photoshop CS5にて彩度/ディテール調整

ブログdeフォトコンテストへ
作品応募ページへ

撮影/日本大通/ISO:100/絞り優先/-2~+2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-23 19:45 | Scene

Daybreak

c0214542_2151497.jpg


夕焼けより朝焼けが好き。

撮影/2011/02/10/みなとみらい/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-18 21:41 | Scene

HDRI 3D の作り方

最近3Dにはまっている理由が攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3Dが公開されるからです。
根っからの攻殻マニアです。SSSは数年前にDVD限定で出てますが、それが3Dで劇場版で公開です。
というわけで、フォトショを持っていれば簡単に作れるANAGLYPHの作り方を紹介します。赤青メガネで見れるアレです。

1:左目、右目の位置で撮った写真を用意します。

※ある固定した位置から一方に約6cm(両目の距離)ほどずらして撮れば、左側を左目で、右側を右目で見たことになります。
c0214542_23291251.jpg


2:左目の画像のレッドチャンネルのみ表示し全選択しコピーします。
c0214542_23292099.jpg


3:右目の画像のレッドチャンネルを消去
c0214542_23292873.jpg


4:コピーした左のRチャンネルを右目のRチャンネルにコピー
c0214542_23294295.jpg


5:右目の画像のチャンネルを全表示で完成
c0214542_23294715.jpg


・完成、HDR ANAGLYPH
※赤青メガネで見て下さい。クリックすると拡大します。かなり完成度は高くできた気がします。

c0214542_2330025.jpg

c0214542_23301366.jpg


どうです?以外に簡単でしょう。赤青メガネを持ってる人は是非ご覧下さい。
HDRとの相性もばっちりです。風景だとパンフォーカス、物撮りだと開放でやるとより効果が出ますよ!



・愛用のレタッチがうまくなる参考書です。
Photoshop 10年使える逆引き手帖/コスプレイヤーのための2.5次元フォトレタッチガイド
撮影/2011/02/10/みなとみらい/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/3shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-17 23:37 | City

3D機能搭載デジタルカメラ

c0214542_221834.jpg

※クリックするとでかくなるのでそちらでお試しください。

CP+でいくつか気になったカメラがありました。HDR機能搭載機種、ブラケット機能充実機種も
気になりましたが、一番気になったのは3D機能搭載機種でした。
まだまだクオリティーは高くないようですが、けっこう、「お〜、すごい」って感じでした。
SONY NEX-3DSONY Cyber-shot αOLYMPUS SZ-10などなど、これから
どんどん3Dが普及していくのではないかと思いました。

オイラのカメラにはもちろん3D機能なんてついていないので、ステレオグラムでご勘弁。
裸眼立体視の平行法と交差法で立体的にみることができるので試してみて下さい。
オイラは交差法の方が好みです。なれれば簡単!
ステレオカメラは日本でも明治時代にすでに存在し、Rob Oechsle氏がFlickrあげたものは話題になりましたね。


・愛用のレタッチがうまくなる参考書です。
Photoshop 10年使える逆引き手帖/コスプレイヤーのための2.5次元フォトレタッチガイド
撮影/2011/02/10/みなとみらい/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/3shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-15 22:47 | City

CP+でjpegとRAWのHDRの違いを検証してみた。

先日からjpeg+RAWで撮るようになったので、ちょっと気になったことがあります。
HDRはjpegから作るのか、RAWから作るのか?そこで二つのHDRの違いをCP+で撮った
会場で一番タイプだったPENTAXブースのお姉タソで検証してみました。
そもそもjpegとRAWの違いとは?ということで項目だけまとめます。

・jpegとRAWの違い。(wiki参照)

RAWとは完成状態にされていない画像データのことである。「生」「未加工」を意味する。デジタルカメラは
撮影時に各画素に対してその周辺画素から足りない色情報を集め与えることで色情報を補完し、フルカラー画像を
作り出す「デモザイク」(de-mosaic)処理を行っている。多くのデジタルカメラではデモザイクに並行して
色や明るさのトーン等を自動レタッチする画像処理を行い、完成した画像をJPEGやTIFFなどの汎用画像フォー
マットで保存する。
またjpegとは静止画像のデジタルデータを圧縮する方式のひとつ。jpegフォーマットは通常非可逆圧縮であり、
元データ(RAW)と比較すると原理的に画質劣化が避けられない。さらに、これらフォーマットのビット深度は
通常各色8ビット、合計24ビットしかないため、通常12ビットの精度があるイメージセンサから受け取った情報を
大幅に切り捨てるほかなく、撮影後の露出(画像の明暗や輝度)調整が困難になり、レタッチをしようとすれば
するほど画質低下が際立つ。

以上をふまえて、ブラケット撮影したjpegからのHDRとRAWからのHDRの比較をしてみました。
Photomatixのパラメータはsmoothingを除いて統一してあります。そしてsmoothingパラメータを左から、
Mid、High、Maxと並べています。なぜsmoothingだけを比較しているかと言うと、トーンマッピングする時、
smoothing以外触れないからです。ただそれだけです。

・jpegHDRの比較
c0214542_004276.jpg

・RAWHDRの比較
c0214542_0138.jpg


どうでしょうか?正直ここまで差が出るとは思ってもみませんでした。Photomatix proのバーションが、
3.0から4.0になった時点で、jpegからのHDRも彩度がかなり操りやすくなったと思いましたが、RAWでから
トーンマッピングすることでさらに彩度の調整がさらに自然にできるような気がします。
さらにディテールもより細かく合成されていると感じます。拡大写真を見るとよく分かると思います。
ただ描写もよくなることで、自動動体除去してもかすかなずれが残った場合、RAWHDRの方が目立ち
易くなっています。まぁそこはさらなるレタッチで除去しましょうと言うところですな。

・jpegHDRの拡大画像
c0214542_013181.jpg

・RAWHDRの比較
c0214542_014425.jpg


そしてレタッチ、動体除去したものがこちらです。う〜ん、やっぱこのお姉タン綺麗だわ。
c0214542_02951.jpg


・愛用のレタッチがうまくなる参考書です。
Photoshop 10年使える逆引き手帖/コスプレイヤーのための2.5次元フォトレタッチガイド
撮影/2011/02/10/みなとみらい/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/3shot jpeg+RAW/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-15 01:04 | Human

CP+ キャノンブースでのできごと。

c0214542_21301726.jpg


CP+キャノンブースでのとある会話。

男A「そろそろKISS X5出るね。X5って何代目だっけ?」

男B「さぁ、7代目くらいじゃね?」

男A「あ〜、もうそんなになるんだ。出たの何年前?ってか初代使ってる人ッていんの?」

男B「いや、いねーだろ(笑)」

オレの心の中

「初代の力をナメるなよ」(飛影風)

#写真はSONYブースのBMXのデモンストレーション
最高約10/秒のSONY α55 & α33を体験撮影できる良きコーナー。
だがオイラは初代(約3/秒)で一発取り()笑

撮影/2011/02/10/みなとみらい/ISO:200/絞り優先/1RAW→9jpg/WB:オート
使用機材/EOS Kiss Digital無印/EF 50mm F1.8 II/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-12 21:51 | Human

CP+でRAWからのHDR

c0214542_2363893.jpg

ブログdeフォトコンテストのグランプリの副賞、SILKYPIX Developer Studioが今朝届いたので、
RAWからのHDRのシェイクダウンのために、パシフィコ横浜で行われているCP+に行ってきました。
お目当てはもちろんカメラではなくコンパニオンです()爆
写真はLUMIXの展示スペースです。キュートなお姉ちゃんたちカメラを持ってファッションショー的な
感じでカメラを紹介してました。女子カメラという女性向けの雑誌もありますからね〜。
最近、三脚担いだ女性を見るとキュンとなります()笑

写真はRAWからのHDRですが、厳密に言うと1RAW→9jpgに現像→Photomatixという流れなので
FakeHDRです。あと、やはり女性のHDRなので、お肌はレタッチしてあります。HDR合成でトーン
マッピングするとお肌がドス黒くなりますからね。女性をHDR合成するときはお肌のアフターケアは
忘れぬように!せっかくの美人さんですからね。レタッチに関しては有名な、
Photoshop 10年使える逆引き手帖コスプレイヤーのための2.5次元フォトレタッチガイド
のようなマニアックなものまであるので良かったら参考にしてみて下さい。

撮影/2011/02/10/みなとみらい/ISO:200/絞り優先/1RAW→9jpg/WB:オート
使用機材/EOS Kiss Digital無印/EF 50mm F1.8 II/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-10 23:27 | Human
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl

タグ

blog parts

その他のジャンル