<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

芸予要塞跡「小島」中部砲台跡 - Central battery remains

中部砲台跡 - Central battery remains

中部砲台跡 - Central battery remains
小島の芸予要塞の中核をなす中部砲台には、この要塞の主砲である28cm榴弾砲6門が配備されていたほか、
地下室や井戸、井戸水の浄化装置などが造られ、山頂には司令塔が設けられていました。
28cm榴弾砲は、角度をつけて発射した弾が放物線を描いて飛んでいく大砲で、会場からは見えない構造となっています。
小島の要塞は、この場所で実践に使われることはありませんでしたが、明治37年(1904年)の日露戦争時には、
中部砲台の榴弾砲の2門が旅順に運ばれ、旅順攻略に活躍したと言われています。
現在では榴弾砲の砲座跡が残るのみでありますが、赤レンガ等で築かれた施設とともに貴重な遺構であり、
当時の緊迫した様子を知ることができます。
砲座跡奥の階段を山頂へ上がった指令台跡からは来島海峡の素晴らしい眺望を満喫することができます。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2013-07-18 19:19 | Architecture | Comments(0)

芸予要塞跡「小島」弾薬庫跡 全貌

弾薬庫跡 - Power magazine remains

弾薬庫跡 - Power magazine remains

弾薬庫跡 - Power magazine remains

弾薬庫跡 - Power magazine remains

弾薬庫跡 - Power magazine remains

弾薬庫跡 - Power magazine remains
[PR]
by no_doiken_no_life | 2013-07-12 23:39 | Architecture | Comments(0)

芸予要塞跡「小島」弾薬庫跡 - Power magazine remains

弾薬庫跡 - Power magazine remains

弾薬庫跡は、山の傾斜面を現在のように掘り下げて、深い谷間のような窪地とし、周囲は山肌で護られています。
当時のモッコとスコップを用い、人力でこのような工事は並大抵のことではありませんでしたが、危険な弾薬を
貯蔵するために周囲には強靭な防壁が必要でありました。
小島の地質は閃緑岩系の岩石で、東側に斑れい岩が部分的にあります。
いずれも有色鉱物が多く、岩盤が柔らかいため、要塞工事には都合が良かったであろうと想像されます。
小島砲台の備砲は、28cm榴弾砲、24cm加農砲などで、主にそれらの砲弾を備蓄するための弾薬庫であったと思われます。
現在は屋根が落ちてレンガ造りの壁面が残るだけでありますが、弾薬という一番大事なしかも危険度の高い軍用品を
貯蔵するために、非常に厳重な工事と完璧な設備が施されたことが分かります。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2013-07-06 14:16 | Architecture | Comments(0)
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl