タグ:Korean ( 12 ) タグの人気記事

Samsung art museum leeum & 韓国日誌「完」

c0214542_284310.jpg


c0214542_285647.jpg


c0214542_29682.jpg


二日目は近代建築を見に行きました!サムスン美術館です。

この美術館は三人の建築家によって設計されためずらしい建築です!

壱枚目はオランダの建築家「レム・コールハース」
レム棟は韓国の近代美術を展示していますが、あいにく展示の準備をしていたので入れず。

弐枚目はスイスの建築家「マリオ・ボッタ」
ボッタ棟は古美術を展示しています。陶磁器、古書画、仏教美術、金属工芸品などですね。

参枚目はフランスの建築家「ジャン・ヌーヴェル」
ヌーヴェル棟は世界の近現代美術を展示しています。

内部空間はジャンの建築が一番良かったです!(オイラはジャンが好きだからということもありますが)
ホワイトキューブが美術館の主流ですが、ヌーヴェル棟は内部空間が全部真っ黒です!
たぶん鉄を酸化させているのでしょう。逸脱な空間です!

この美術館、とゆーかほとんどの美術館の内部は撮影禁止なので外観写真しか撮れずブログに載せる
ことはできないので、ぜひみなさん韓国に行った時はこの美術館にも行ってみて下さい!

今回で韓国日誌はおしまいになります。韓国は本当に良い国でした。
お隣の国なのに知らないことがいっぱいでした。
みなさんもぜひ韓国に足を運んでみて下さい!


韓国が気に入ってもらえたら、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-26 02:21 | Architecture | Comments(4)

韓国の夜の贅沢

c0214542_20492989.jpg


c0214542_20493772.jpg


食事に行く時、韓国では上司が年下にごちそうするのが基本らしい。それも恐ろしい量を。
韓国の食事の量が多いのはこのしきたりらしい。しかも安い。

夜はお食事に誘ってもらった。いい感じの店に。

この店も量がハンパない。一番上の写真、肉じゃないぞ!
なんと全部大トロだ!こんな量初めて見た!
次々出てくる!あわび、うに、さざえ、天ぷら、寿司、鯛の煮付け、こんなに食べていい
ものかと、みんなで大爆笑!

お値段四人で一万円! 安っ(爆笑)

注)言っておくが腹が弱いやつは異国の地で生ものは厳禁だ!ひでぇことになる!
オイラも店を出た瞬間トイレに駆け込んだぞ!(笑)


韓国すげぇと思った方は、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-25 20:51 | Food | Comments(0)

木造

c0214542_20573755.jpg


c0214542_20574669.jpg


c0214542_20575430.jpg

陶山書院の工法はなかなか独特な組み方をしています!
工法も興味がありますが、部材の木があまり加工されていないのも興味が
あります。古い建築ですから加工する技術がなかったのでしょうが、設計
図では計算できない、現場での調整が必要な組み方です。
きっと優秀な棟梁がいたのでしょう。400年以上経っても健在ですからね。

この独特な雰囲気を味わってみたい方は多いのではないでしょうか?
日本にもあります!広島は厳島神社のすぐそばにある千畳間という建築です。
1500年代の作品ですが、部材の荒々しさがゾクゾクする古建築です!
梁がハンパないです!ぜひ行ってみて下さい!

c0214542_21134743.jpg


木造っていいよねと思った方は、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-24 21:14 | Architecture | Comments(2)

屏山書院

今からおやすみになる方も起床なさる方も、おはようございます!
c0214542_5192571.jpg


c0214542_5181822.jpg


c0214542_5195120.jpg


陶山書院の後に訪れたのは屏山書院という儒教的建築。
屏山書院は1572年に建設された歴史ある書院です。
向かいには洛東江が流れ、山に囲まれ自然と調和した古建築です。

地元が広島の府中市のオイラにとっては懐かしい雰囲気です。
地元も盆地で山に囲まれてますからね!

ここどっかで見たことあるんですよね〜。
仲間由紀恵さんが主演の「東京湾景」でしたっけ?
韓流が好きそうな韓国のおばちゃまもいっぱいいました。

この書院なかなか面白い工法をしています!次回紹介しますね!
建設から400年以上建っているのになぜこんなに色あせないの
でしょうか?



気になると思った方は、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-24 05:23 | Architecture | Comments(2)

スケールと色使い

c0214542_5414337.jpg


c0214542_541523.jpg


c0214542_542089.jpg

陶山書院に来てまず驚いたのが、窓や入り口のスケールが小さいということ。
入り口なんて160cmも無かったんじゃないでしょうか?
日本でいう茶室的な意味合いが大きかったのでしょうかね?

あと陶山書院は色使いや石の使い方が沖縄の建築に近い気がしました。
日本も韓国もルーツは中国ということでしょうか?

韓国の友達も日本の建築と韓国の建築は似ているって言ってましたね!


建築って不思議ですねと思った方は、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-23 05:42 | Architecture | Comments(6)

陶山書院

韓国日誌の再開です!
河回村からほど近い安東市の陶山書院というところです。
歴史が古い建築がたくさんあります。日本で言うと京都でもないし、
環境的には白川郷が近いでしょうか?

c0214542_17162978.jpg


c0214542_17163892.jpg


c0214542_1717288.jpg


c0214542_17165355.jpg

韓国は儒教を重んじる国です。ここは儒教の研究や勉強がなされていた場所です。
昔は、国家試験を受けるときに田舎の人が都会に出るのが困難な場合の代替会場に
なっていた学業の場でした。一番上の写真の古墳のような場所に試験用紙が、一時
保管されていたようです。
今も韓国中から勉強しにくるそうです。
この日もたくさんのお方が経を読んでいました。

昔の1000ウォンに、陶山書院が描かれています!
運が良かったら手に入れてみて下さい!


いい環境ですねと思った方は、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-22 17:25 | Architecture | Comments(2)

韓国 - 河回村の風景

建築のアーカイブとして写真を撮っていますが、たまには風景も撮ります。

c0214542_1840331.jpg


c0214542_23582625.jpg



河回村に行ってみたいと思った方は、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-18 23:59 | Architecture | Comments(0)

韓国 - 河回村

安東市は河回村にいきました。
ここは村全体が韓国の重要民俗資料に指定されていて、多くの有形・無形文化財が
あります。農村や両班の伝統的な生活様式を保存しながら生活されています。
世界遺産暫定リストにも上がっていますね!


おばちゃま達を虜にする歌手のリュ・シウォンの出身地としても有名だね!
韓国のおばちゃまもたくさんいたよ(゜д゜)!!
高倉健主演の映画「ホタル」や韓流ドラマ「ファンジニ」のロケ地としても有名。

c0214542_1651027.jpg


c0214542_1651735.jpg


c0214542_1652555.jpg


それではクイズの解答です。答えは土壁の塀の上の「素材の違い」です。
なぜ瓦と藁葺きの二つの違う素材が用いられているのでしょう?

説明しよう!(ポケモンのオーキド博士風に)

この村には二つの文化があるんじゃ。
一つは16世紀に豊山柳氏の一族によってつくられ、朝鮮王朝中期の儒学者や
政治家が多く金持ちだったんじゃ。故に瓦屋根の屋敷に住んでいるんじゃ。
一枚目の写真じゃ。

もう一つは普通の農民じゃ。金もないから藁葺きの家に住んどるのぉ。
二枚目の写真じゃ。

明らかな階級的な差異がじゃが、この二つの文化が共存し、村に鮮やかな
コントラストをなしておる。それらを路地で構成している世界でも珍しい
都市構造じゃな。

わかったかのぉ〜?


なるほど〜って思った方は、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-18 16:06 | Architecture | Comments(2)

安東市

画像が見れなかった方がいたので再upしました。スイマセン。
c0214542_3575731.jpg


c0214542_358570.jpg


お昼は都会のソウル市内から抜け出し、田舎の安東市に行ってきましたよ。

この二枚の写真で何か違いに分かりますか?
ヒントは土壁の塀の上に載っているあれです!


気になる方は、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-17 03:58 | Architecture | Comments(0)

こんなビル見つけましたが . . .

c0214542_17511119.jpg

なかなか目につくこのビル。韓国のソウル市内を歩いていたら発見したビル
ですが、設計者は誰なのでしょう?全然有名ではないと思うんですが、
ちょっと気になりました。

誰か知ってますか?


気になった方は、1クリックお願いします。
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-15 23:38 | Architecture | Comments(2)
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl

タグ

blog parts