タグ:Photoshop ( 8 ) タグの人気記事

バルブ撮影+ブラケット撮影でHDR合成+比較明合成

c0214542_840670.jpg

最近ほとんどTAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mmに頼りきりなのですが、接写で撮る分には申し分無いのですが、やはり俯瞰で撮るとなると全体的に眠くなるこのレンズ。解決策にはとりあえず絞って撮るしかないのですが、光量不足だとシャッタースピードが30秒では足りないことが多く断念した場所がたくさんありました。これ以上SSを長くするにはバルブ撮影するしかないので初の試み、バルブ撮影+ブラケット撮影でHDR合成してみました。リモコンで腕時計でカウントしたので多少のずれはありますが、SSは20/30/40/50/60/80/100/125/150秒を目安(この秒数にまったくの根拠はないです。ノリです。結果オーライです)にして9枚RAWで撮影しました。以下画像です。
c0214542_8471519.jpg

このHDRIの作成方法です。
1:9枚バルブ撮影で撮影
2:9枚RAWをデフォルトでPhotomatixでトーンマッピング
3:Photoshopに取り入れTopaz Adjustでレタッチ
4:SS/20/30/40/50/60の5枚を比較明合成

バルブ&ブラケット撮影のメリット
・リモコンで押しっぱにするとバルブ撮影できるので好きなタイミングで撮ることができる。これは後の比較明合成するのに役立ちます。この写真の場合だと、一般道の車、湾岸線の車、横浜線のヘッドライトとテールランプが全て入るタイミングで撮っています。

バルブ&ブラケット撮影のデメリット
・めんどくさいです。9枚撮るのに合計655秒かかっています。つまり合計でまた655秒待たないといけません。

拡大写真です。
c0214542_944987.jpg

c0214542_945783.jpg
c0214542_95352.jpg
c0214542_951044.jpg

バルブ撮影してみたかったのは低感度に強いPENTAX K20DをISO100で撮影してどれくらいの長さでノイズが発生するのか確かめたいためでもありました。150秒くらいでも全然ノイズは出ませんでした。

ここ数ヶ月、自宅のマンション以外の場所で三脚を使って撮影していないので、自宅マンションでできる限りのことをいろいろ模索中です。夏はバルブ&ブラケットで星空をHDR合成に挑戦してみたいと思います。

撮影/横浜/ISO:100/絞り優先/EV±?/9shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mm/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-06-29 08:00 | City | Comments(0)

ミニチュア風 HDR合成写真の作り方

c0214542_19212122.jpg

こういう俯瞰を撮れる位置から写真を撮ると、ついついミニチュア風に加工したくなります。
以前紹介した、トイカメラ風 Fake HDR写真の作り方と同じく、Fake シリーズです。
ではミニチュア風に見せる写真の作り方を紹介します。

・Photoshopによるフィルタ「ぼかし(レンズ)」を使用する方法
Tiltshiftmaker
Tiltshift Generator

Photoshopでミニチュア風にする利点はぼかしを自由に操れて、ぼかしたい箇所だけぼかせるという点です。
ですが、Photoshopを持っていなくてもミニチュア風に画像変換してくれる無料サイトもあります。

・まずはTiltshiftmakerの変換方法を紹介します。

・Defocus strength:ぼかしの強さを調整します。
・Defocus gradient:ぼかしのグラデーションを調整します。
・Enhance Bokeh:ぼけ具合を高めます。あまり使いません。
・Bokeh shape:サイトがリニューアルして新しく付いた機能です。ぼけの形を選択できます。

できあがった写真です↓
c0214542_19103882.jpg

・次にTiltshift Generatorをの変換方法を紹介します。

■BLUR
・CENTER RADIUS:ぼかしの範囲を調整します。
・STRENGTH:ぼけ強さを調整します。
■COLOR
・SATURATION:彩度を調整します。高めの方がよりミニチュアっぽく見えます。
・CONTRAST:コントラストを調整します。
・BRIGHTNESS:明るさを調整します。
■VIGNETTING
・STRENGTH:光量不足を演出します。
■JPEG QUALITY
・QUALITY:jpgの質を調整します。

できあがった写真です↓
c0214542_1911144.jpg

・最後にPhotoshopで加工した写真です。

この作り方を説明するのはめんどくさいのでググって下さい。できあがった写真です↓
c0214542_192350100.jpg


Tiltshiftmakerはリニューアルした際に、一部コンテンツが有料化されて、元の画像が2000pixelを超えると写真を
加工してダウンロードするにはクレジットが必要になるみたいです。ただ、2000pixelを超える画像でもダウンロードする
際に2000pixelまで大きさを下げてダウンロードするのは無料です。

Tiltshift Generatorは、Tiltshiftmakerより知名度はまだ劣るかもしれません。理由としてはトイカメラ風に加工できる
サイトと、サンプル付きで紹介しているようです。ですがクオリティはこちらの方が上だと個人的に思います。
ぼかしがライン状にしか入れられないTiltshiftmakerと違って、円形状にぼかしが入れられるのが強みですね。
やってみたいと思ったらお試しください。

撮影/富山/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mm/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-05-15 19:24 | Comments(0)

トイカメラ風 Fake HDR写真の作り方

最近僕の周りでもトイカメラを持ってる女子が多い。トイカメラ風にしたら女子っぽい写真になるかと思って
試してみました。iPhoneアプリでも流行っているinstgramもいいですよね。
ここではデジタルカメラで撮った写真をトイカメラで撮ったように加工する方法とサイトを紹介します。

トイカメラ風FakeHDR=Fake x Fakeですのでご注意ください()笑

いろんな画像変換サイトやPhotoshop-pluginソフトがありますがお気に入りのを紹介。
Pentacom.jp ToyCamera ver3.4(photoshop-plugin)←やっぱこれかな。
Flaming Pear Melancholytron (photoshop-plugin)←かなりチープ
・Photoshopのトーンカーブ-プリセット(クロスプロセス)←微妙

1:ではオリジナルトイカメラ風FakeHDRのチュートリアルを紹介します。
まずは元画像です。RAWで撮ってあります。理由はPhotomatixでRAWからFakeHDRにするためです。

c0214542_1334812.jpg

2:PhotomatixでFakeHDRにした画像です。
いつもはノイズ除去しますが、質感を出すためにわざとノイズを残してざらざらした感じにします。

c0214542_142265.jpg

3:PhotoshopでPlugin追加したToyCamera ver3.4を起動させます。機能を紹介します。
c0214542_1421686.jpg

・Start :写真の中心から暗部までの距離です。光量不足を演出します。
・Amount :暗くなる量です。大きいほど暗部が濃くなります。
・Blur :手ぶれ効果を出す機能です。ぶっちゃけいりません。
・Noize ノイズを出す機能です。多めにした質感がわりと好きです。
・Dodge :中心強調機能。大きくすると中心が明るくなります。
・Color :カラー設定です。
・Contrast :コントラストを操作します。強めの方がよい。

c0214542_1423510.jpg

4:ここからオリジナルレイヤーワークです。ToyCamera ver3.4で作成した画像をPhotoshopで読み込みます。
トーンカーブプリセット(クロスプロセス)を調整レイヤーを新規作成して調整レイヤーの塗りを30〜50%にします。
薄める理由はトーンカーブプリセット(クロスプロセス)デフォルト100%はかなり強めにかかってしまうからです。

c0214542_14457100.jpg

そして微調整して完成です。

c0214542_145188.jpg

#ちなみに偶然発見しましたが、トーンカーブプリセット(クロスプロセス)調整レイヤーの下に、白黒調整レイヤーを
いれると、ピンホール風写真になります。お試しアレ。

撮影/富山/ISO:200/絞り優先/1shotRAW/WB:オート
使用機材/EOS Kiss Digital無印/EF 50mm F1.8 II/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-05-07 01:53 | City | Comments(0)

パノラマHDR合成写真

c0214542_2114771.jpg


綺麗なHDR合成写真を撮ることとは、綺麗な雲を逆光で撮ることである。

5shotのブラケット撮影して12カット撮った60枚をPhotomatixでトーンマッピングしてできあがった12枚のHDR合成写真を
Photoshopで合成して魚眼レンズ風にパノラマ化しました。画像をクリックすると大きなサイズでご覧になれます。
以下使用した60枚の写真です。

c0214542_2165281.jpg


撮影/日本大通/ISO:100/絞り優先/-2〜+2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-04-23 21:09 | Scene | Comments(2)

Photoshop 比較明合成

ブラケット撮影した夜景の写真を、photomatixでトーンマッピングをしてHDRを作成する場合、車のヘッドライトが
かすれてうまくトーンンマッピングができないということが多々あると思います。
そんなときはphotoshopのレイヤーの描写モードを「比較(明)」にして解決できます。
まずブラッケット撮影します。K20Dで撮ったので5枚でトーンマッピングします。左からEV値-2,-1,0,+1,+2です。

c0214542_010992.jpg


そしてトーンマッピングした画像がこちらです。見事にヘッドライトの軌跡がぐちゃぐちゃになっています。

c0214542_0114228.jpg


次に作成したHDRの他に、EV値±0の写真を数枚用意します。数が多ければ多い方がいいですが、タイミングを狙って
撮って今回は6枚使うことにします。下の画像です。

c0214542_0121926.jpg


そして最初の5枚で作ったHDRをPhotoshopで読み込み、そのHDRのレイヤーの上に6枚を重ねてレイヤー描写を
「比較(明)」にします。すると下の画像のように、ヘッドライトの軌跡の明るい部分だけを抽出してくれるので、ヘッド
ライトの軌跡が綺麗に表現することができます。完成が下の画像です。

c0214542_0162675.jpg


・作成における注意点
この方法は三脚必須です。今回は11枚の写真を使用しましたが、11枚の写真がずれるとまったく意味がありません
のでご注意ください。

撮影/新宿/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/5shot+α6枚/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mm
/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-04-21 00:18 | City | Comments(4)

HDRI 3D の作り方

最近3Dにはまっている理由が攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3Dが公開されるからです。
根っからの攻殻マニアです。SSSは数年前にDVD限定で出てますが、それが3Dで劇場版で公開です。
というわけで、フォトショを持っていれば簡単に作れるANAGLYPHの作り方を紹介します。赤青メガネで見れるアレです。

1:左目、右目の位置で撮った写真を用意します。

※ある固定した位置から一方に約6cm(両目の距離)ほどずらして撮れば、左側を左目で、右側を右目で見たことになります。
c0214542_23291251.jpg


2:左目の画像のレッドチャンネルのみ表示し全選択しコピーします。
c0214542_23292099.jpg


3:右目の画像のレッドチャンネルを消去
c0214542_23292873.jpg


4:コピーした左のRチャンネルを右目のRチャンネルにコピー
c0214542_23294295.jpg


5:右目の画像のチャンネルを全表示で完成
c0214542_23294715.jpg


・完成、HDR ANAGLYPH
※赤青メガネで見て下さい。クリックすると拡大します。かなり完成度は高くできた気がします。

c0214542_2330025.jpg

c0214542_23301366.jpg


どうです?以外に簡単でしょう。赤青メガネを持ってる人は是非ご覧下さい。
HDRとの相性もばっちりです。風景だとパンフォーカス、物撮りだと開放でやるとより効果が出ますよ!



・愛用のレタッチがうまくなる参考書です。
Photoshop 10年使える逆引き手帖/コスプレイヤーのための2.5次元フォトレタッチガイド
撮影/2011/02/10/みなとみらい/ISO:200/絞り優先/-2〜+2/3shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/DA18-55mm/3.5-5.6AL/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-02-17 23:37 | City | Comments(2)

Photoshopで雲を補正する方法

Photoshopで雲を補正する方法

HDRIで初めて壁にぶつかったのが、空の表現です。
EV値不足で青がはじける、雲が白飛びしてしまう。みなさんも経験あるでしょう。
これはPhotomatixのパラメータをいくらいじっても解決しません。
そんなときはAdobe Photoshopを使って補正していきましょう。

まずはPhotomatixにかけたデフォルメの画像を見て頂きましょう。

どこが変だか分かりますか?

c0214542_2157169.jpg

赤い丸で囲った部分がいわゆる白飛びと言うやつです。
c0214542_21565232.jpg

拡大してみましょう。
c0214542_21564396.jpg

ではさっそくですが、雲を補正していきます。

・雲の補正はコピースタンプツールで。

ということで、Photoshopのコピースタンプツールを使っていきます。
説明しますとコピースタンプツールとは、option+クリック(mac)した部分を記憶し、他の部分に塗ることが
できるツールのことです。つまりは白飛びしていない部分をコピーし、白飛びしている部分に塗ることが
できるということです。

コピースタンプツールのパラメータ

コピースタンプツールの主な機能として、ブラシプリセットピッカー、モード、不透明度、流量、サンプル、
ブラシパレットの6つの機能があります。
以下、各機能の説明です。
・ブラシプリセットピッカー:マスター直径と硬さを設定します。
・モード:効果を設定します。
・不透明度:境界線の不透明度を設定します。
・流量:ストロークのインクの量を設定します。
・サンプル:コピーソースのサンプルモードを設定します。
・ブラシパレット:ブラシの形を設定します。

以下、オイラのパラメータの設定です。
・ブラシプリセットピッカー:マスター直径は各部分に応じて設定、硬さは0%
・モード:デフォルトの通常
・不透明度:50%くらい
・流量:70%くらい
・サンプル:現在のレイヤー
・ブラシパレット:ブラシっぽいやつにします。

ではさっそくコピーしていきましょう。
c0214542_21562828.jpg


c0214542_21561627.jpg

・完成
c0214542_21555665.jpg


どうです?自然な感じでしょう?これであなたも素敵な空が表現できることでしょう。
コピースタンプツールは応用して、いらない電線を消したり、汚れを消したりできます。
みなさんも応用してみて下さい。またこんなやり方もありますよッて方はぜひ教えて下さい。

・参考書
MdN (エムディーエヌ)
オイラのphotoshopのバイブルのMDNと言う雑誌です。
この雑誌は、デザイナーの作品が本人の説明によってどのように作られているかが丁寧に書かれています。
こんな表現したかったんだよな〜っていうのが数多く載っています。私も学生の頃から愛読しています。

撮影/2011/01/06/尾道/ISO:200/絞り優先/AEB:-2〜+2/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/MacBook Pro
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-01-10 22:39 | City | Comments(2)

5th:HDR (ハイダイナミックレンジ) 画像合成方法 露出コンポジット編

3rdではPhotomatixによるトーンマッピング手法を紹介しましたが、今回はPhotoshopによる
露出コンポジット手法を紹介します。

露出コンポジットとは、ブラケット撮影した写真データをPhotoshopでレイヤーとして重ね、適正露出の
部分をおいしいとこどりして合成すると手法です。
トーンマッピング手法はPhotomatixやPhotoshop CS2「HDRに統合」コマンドなどで、ブラケット撮影
(段階露光による複数枚を撮影すること)の写真をソフトにかけると、HDRIへの統合処理がほぼ自動になされますが、
これは必ずしも最適な結果は得ることにはなりません。

例として以下三枚の写真の参考にしましょう。「撮影/Canon EOS Kiss Digital/ISO:200/左から-2.±0.+2/」
c0214542_16254653.jpg

この三つの写真をPhotomatixにかけるとこうなります。問題点をまず示しましょう。
c0214542_16282641.jpg

・一番明るい箇所(ネオン街のネオン)と、一番くらい場所(空)のダイナミックレンジが広い
 ためノイズがひどい。
・ブラケット撮影による動体のずれ:人、車、電車、光跡

ブラケット撮影による動体のずれ、これはトーンマッピングだと正直どうしようもない問題です。
この問題を解決したいがために私は露出コンポジットをやっていると言ってもいいでしょう。
それではさっそく制作の仕方を説明します。

前述で適正露出の部分をおいしいとこどりして合成すると言いましたが、具体的にはどういうことなのか?
ブラケット撮影をした写真それぞれ比べて見て適正と思われる部分をトリミングしてみます。
c0214542_16331170.jpg

■EV-2の写真/・照明で照らされた看板、車のテールランプ。
c0214542_16333542.jpg

■EV±0の写真/・建物の壁など。
c0214542_16334781.jpg

■EV+2の写真/・空や照明がない道路など。

私は詳しいやり方はわからないのでオリジナルの方法ですが、これらの露出が違う写真の適正だと思われる
部分のいいとこどりをPhotoshopで手動で切り貼りをしていき、三枚の写真のレイヤーを焼き込み、
オーバーレイ、スクリーンにモードを変化させて重ねていきます。

そして完成HDRがこちらです。
c0214542_164058.jpg

車のゴーストは多少残りますが、それは元の画像が悪いということです。(泣)
ちゃんと撮ればいい作品ができると思うのでみなさんも試してみてください。
特に夜景で威力を発揮すると思います。ではまた次回。

1st:HDRI って何?
2nd:HDR (ハイダイナミックレンジ)画像の撮影方法
3rd:HDR (ハイダイナミックレンジ) 画像合成方法 Photomatix 編
4th:4th:Photoshopの活用方法
5th:HDR (ハイダイナミックレンジ) 画像合成方法 露出コンポジット編
[PR]
by no_doiken_no_life | 2009-10-04 19:04 | HDRI 制作関連 | Comments(6)
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl

タグ

blog parts