タグ:Tokyo ( 164 ) タグの人気記事

視力低下によるHDR合成の変化

After rain

最近視力の低下目に見えてひどい。大学院修了した24歳くらいまでは両目とも1.5だった。
現在26歳(満27歳)ですが両目とも0.7まで落ちてしまいました。
個人的には全然変化に気づかなかったのですが、健康診断で視力検査をしたら全然見えなかった。
これはかなりショックでした。
今までHDRを撮ってきて、目に見た風景を表現してきましたが、今後視力が落ち続けてきたら私のHDRも
ディテールが落ちてきて暗部が増えてきて白飛びが増えてくる写真になるのでしょうか?

と考えると、HDR合成とは何だろうか?

wikipediaより引用
「ハイダイナミックレンジ合成(ハイダイナミックレンジごうせい、英語:high dynamic range imaging、略称:HDRI、HDR)、とは、通常の写真技法に比べてより幅広いダイナミックレンジを表現するための写真技法の一種。

中略

つまり、ハイダイナミックレンジ合成は、幅広いダイナミックレンジを記録、表示するために開発された画像合成手法である。」

この定義を正しいと仮定すると、私が今までやってきた目で見た風景を表現することではないということになる。
いや、そもそも私は目で見た風景を表現していたのでしょうか?
絞りを極限まで絞り、長時間露光でブラケットをして、Photomatixでトーンマッピング、そしてTopaz Adjustによる過剰表現。実際はこんな感じではなかっただろうかと。

というのも、ここ最近話題の
Retina Photo
なるものがあります。
Apple のOS-X Mountain LionのWallPaper
に採用された写真家の白石さんが作った造語です。

彼のブログを見る限り、目で見た風景を表現することはHDR合成のすることではないなと正直思いました。
ここ一ヶ月ずっと悩んでブログも更新していませんでしたが、一筋の光が見えてきました。
まだ完成はしていませんが、HDRと言えるかではなく、手法がどうのこうでもないですが、
ある一つのストーリを考えています。
それはPhotomatixを使う意味を吟味し、Topaz Adjustを使うことを吟味し、Photoshopを使うことを吟味した結果です。
数あるHDR合成ソフトでなぜPhotomatixなのか、数あるプラグインソフトのなかでなぜTopaz Adjustなのか、なぜこのシャッタースピードなのか(←これ重要)、なぜ三脚を使うのか、なぜこの場所なのか . . .

やはりSFだということです。

撮影/吉祥寺/ISO:200/EV値:±3/3 shot RAW /WB:低め
使用機材/PENTAX Q
/標準単焦点レンズ 01 STANDARD PRIME
/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-07-09 03:51 | City | Comments(1)

Judgment Day

LINES

選択肢が1つだけだとどんなに楽な人生だろうか。
人にあれをやれ、これをやれ、これに何の不満があるのだろう。楽じゃないか。
こういうのに不満がある人に限って、他の選択肢を選ぼうとしないんだよな。
結局人は現状維持を選んでしまう。楽だから。
人生もっと選択肢があると思うんだよ。あるはずなんだ。
いやあるんだよ。でも気づかないのか、気づいても見なかったことにするのか。
見なかったことにするよな?楽だからな。今の道行った方が。
選択肢は多ければ多いほど可能性は高いんだよ。
多ければいいって言うもんじゃないって?それは違う。選ぶのも能力だよ。
出来るやつって言うのは、まず選んで成功する。その成功が時代の変化に左右されて落ちていこうとしても
ギリギリのところで違う道を行くんだ。そしてまたそれが成功するんだ。
それを人はカリスマと呼ぶ。

「この人いつも言ってることが違うんだよな。」って言う人はどれだけ現状に満足している錯覚に
陥っているのだろうか?
それはたとえわがままと捉えられようが、出来る人は常に考え、方向転換しているんだということに
気づかなければならない。

何十回失敗しても、1つの成功のもとには全てなかったことになる力があるのだから。

撮影/浜松町/ISO:200/EV値:±2/3 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5mm /Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-06-17 23:52 | City | Comments(4)

LOVE THE LIGHT,LOVE THE LIFE

TOKYO CITY

東京タワーを始め、綺麗だなーっていうライトアップはだいたい"石井幹子"さんの作品である。
彼女の作品はとても情熱で溢れている。
彼女の作品のおかげで僕は写真を撮っていると言ってもいいだろう。
何時間でも、徹夜しても、彼女の作品を撮っていると時間を忘れて夢中になってしまう。

石井幹子著 "LOVE THE LIGHT,LOVE THE LIFE 時空を超える光を創る"
デザインを学ぶ人にとって刺激になると思う。
そして3.11以降の原発問題と今後の電気、照明に関する正しいこと。
省エネ、創エネ。石井さん言葉。
本当に電気を消さないといけないのか?そんなことが書かれています。

撮影/六本木/ISO:200/EV値:±2/3 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX Q
/標準単焦点レンズ 01 STANDARD PRIME
/Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-06-12 00:36 | Comments(0)

金星の太陽面通過

Moon

AKB48総選挙の余韻に浸ろうとベランダで煙草ふかしてたら、月がとても綺麗でした。
そう言えば今日は「金星の太陽面通過」でしたね。東京はあいにくの雨で見れませんでした。
とても残念です。次に見れるのは105年後ということで、来世では見れますように。

撮影/家/ISO:200/EV値:±2/3 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5mm /Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-06-06 22:22 | Comments(0)

Tokyo and Lost in Translation

c0214542_20544899.jpg


先日、cacao magazineさんの新刊に僕のHDRを使用してもらったと書いたと思いますが
僕のページも組んでもらいました。
地元広島と、今住んでいる東京の都市的な構造の共通項をわかりやすく簡単ながら書かせて頂きました。

doiken's Interview

I was born in the countryside surrounded by mountains in Hiroshima.
To determine the direction, I look at the shape of the mountains.

I came to Tokyo at the age of 18.
There were no mountains in Tokyo.
But there were a lot of architectures in Tokyo.
I didn't get lost in Tokyo by remembering the architectures.
It is similar to the act of walking to see the trees in the mountains.
Easy to walk on the old paths in mountains.
Because those paths that people made for walking.

People built the architectures.
And roads were made between architectures.
Tokyo has a lot of roads like this.
Many people gather around the roads.
I think these roads are very Asian oriented.

撮影/新宿/ISO:200/EV値:±2/3 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5mm /Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-06-04 20:56 | Art | Comments(0)

DREAMS COME TRUE 時間旅行 金環日食 sanpo

Ring

ドリカムの"時間旅行"という曲。
1990年のアルバム、"WONDER_3"に収録されている。
12年後22年後の今日の金環日食のことを曲にしている。
今日まで知らなかったんだけど、感動以上にすげぇことだと思った。
そして今日、プロポーズした人がいっぱいいるらしい。
金環日食とリングをかけて、結婚指輪の売り上げがすごい伸びたとか . . .

リア充爆発しろ!!!




撮影/家/ISO:200/EV値:±2/5 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5mm /Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-05-21 22:11 | Scene | Comments(4)

Lost in Translation

TOKYO 2011

台北の世界貿易センターで今週末に行われている"新一代設計展"に出展している「cacao magazine」さんから、
新刊のNo.07 「Tokyo and Lost in Translation」の雑誌の表紙に写真を使わせて欲しいとの依頼があり、
僕のHDR写真を表紙に使って頂いています。
宜しければご覧になって下さい。

cacao magazine's facebook page

撮影/浜松町/ISO:200/EV値:±2/5 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5mm /Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-05-21 06:07 | Art | Comments(0)

Information

TOKYO INTERNATIONAL FORUM

用は情報量なんですよ。

撮影/有楽町/ISO:200/EV値:±2/5 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5mm /Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-05-11 22:39 | Architecture | Comments(0)

真夜中のバイオリニスト 淳也バイオリン

violinist

いつだったか、深夜に渋谷あたりの写真を撮っていた時のこと。
ふと気づけば軽快なバイオリンの音が。
いわゆるストリートミュージシャンをじっくり聴こうとしたことはなかったのだが
この時ばかりは足が止まった。そしていつの間にか彼は去っていった。

そしてつい先日のこと。何気もなく渋谷の夜景が撮りたくなって渋谷に行ったとき
もう一度彼に遭遇した。ずっと気がかりで捜していたのだが何の手がかりもなかった。
そして人生で初めてストリートミュージシャンに話しかけた。
髭のせいで年をいったおっちゃんだと思ったのだが、すごい気さくなお兄さんだった。

彼の名は「淳也バイオリン」
初めてストリートミュージシャンからCDを買った。

c0214542_2213525.jpg




撮影/渋谷/ISO:200/EV値:±2/5 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5mm /Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-05-07 22:09 | Human | Comments(3)

Super Moon 2012

Super Moon

月は良いよね。世界中の人々が共有して見ることができる数少ないもの。

撮影/家/ISO:100/絞り優先/1 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/RICOH XR 200mm 1:4 /Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2012-05-05 22:29 | Scene | Comments(0)
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl