タグ:Yokohama ( 64 ) タグの人気記事

さらば横浜

c0214542_8142714.jpg

お引っ越ししました。二年ぶりに東京へ舞い戻りました。東京のHDRerの皆さん、また写真撮りに行って1杯やりましょう!

c0214542_21351917.jpg

さらば横浜。


撮影/大桟橋&横浜マリンタワー展望台/ISO:100/絞り優先/EV値±2/5 shot RAW /WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5mm /Photomatix/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-09-16 21:38 | City | Comments(6)

野毛山公園に展望台がリニューアルオープン

c0214542_21391078.jpg

野毛山動物園の目の前にある野毛山公園の展望台が7/31にリニューアルオープンしました。
以前野毛山動物園に行った時に展望台を発見したのですが当時は工事中で、リニューアル前も行ったことなかったのでどんな景色が見えるか楽しみでした。エレベーター完備、トイレ完備と充実すぎる設備、屋上には横浜の埋め立て地の歴史を勉強できるイラスト等々、力を入れていますね。前の展望台は相当酷かったらしいのです。しかし今回も微妙な意匠ですね . . .ダセェ . . .(^_^;

c0214542_21393926.jpg

期待していた景色ですが、ちょっと期待しすぎましたかね。野毛山の高さがイマイチでした。MM21地区が見えると聞いてたのですが、ほとんど見えません。せめてもの救いは節電でずっと電気が付いてなかったコスモワールドの観覧車に光が戻ったことでしょうか。あと若干住宅街が暗いのでパンフォーカスで撮るとSS30秒では足りないのでバルブ撮影してあります。住宅街と市街の明かりのレンジも広いので±2ではちときついかも。なかなかHDRしがいのある場所です。

今回はISO200/F16/SS=60,120,180,240,300秒をRAWで撮ってそのままphotomatixでHDR合成してあります。
住宅街で静かな場所ですし、夜中は星を撮るにも良さげなので街灯が消える時間帯にまた行って星空と横浜のコラボレーションでも撮ってみたいと思います。

撮影/横浜/ISO:200/絞り優先/EV±2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mm/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-08-02 21:51 | City | Comments(0)

RED BULL ART OF MOTION IN YOKOHAMA 2nd day

c0214542_2224596.jpg

昨日は雷雨によって中止になった"RED BULL ART OF MOTION IN YOKOHAMA"今日は無事開催されました。昨日は雨であまり人が来なかったようで余裕ぶっこいてたら今日はすごい人。最前列確保できませんでしたorz
c0214542_222345100.jpg


c0214542_22233059.jpg


前日の記事で高感度に強いカメラじゃないと撮れないって言いましたが、K20D、KISS初代もなかなか高感度には弱い機種。
ISO3200まで上げてSILKYPIX Developer Studioでノイズ処理してなんとか仕上げてみました。
一番上は昨日の雨の中、ブラケット3発でEV値±4の9shotのHDR。なかなかの仕上げ。
真ん中はKissでパフォーマーのスタート位置を単射でモノクロームに。
最後は200mm、ISO3200まで上げてSILKYPIX Developer Studioで高ノイズ処理→tif保存→Topaz Adjustで仕上げました。

今回のレッドブルのイベント、かなり良いのではないでしょうか?これで無料っていうのもすばらしいです。
パフォーマンスもすばらしくどよめきが鳴り止まない感じでした。
パフォーマンス中はパフォーマーが選曲した曲を"DJ MAR SKI"によるリミックスサウンドで盛り上がり!
ちなみに選曲は
ドラゴンボールの「魔訶不思議アドベンチャー!」
攻殻機動隊の「Rise」
FFの「更に闘う者達 」などなど。なかなか通の選曲でしたね。あと個人的に盛り上がった懐かしい曲もありました。
Limp Bizkit - "Rollin"
Keep on Rollin baby!


撮影/横浜/ISO:100/9shot RAW/WB:オート
使用機材/EOS Kiss Digital無印/EF 50mm F1.8 II/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-07-31 22:48 | Human | Comments(0)

RED BULL ART OF MOTION IN YOKOHAMA

c0214542_2234746.jpg

さぁ今月もレッドブルが横浜にやってきました。前回はレッドブルF1チームが中華街を快走しましたが、今回は"RED BULL ART OF MOTION IN YOKOHAMA"世界トップクラスのフリーランニングイベントが日本初上陸です。が、残念ながら雷雨により明日の7/31日19:00に延期になってしまいました . . .
明日は六本木でF1ハンガリーGP生観戦しようと思ったのですがどうしようかな〜。
しかし車はHDRIにもってこいの素材ですよね。このメタリックがたまりません♪

c0214542_224654.jpg


イベントは中止になってしまいましたが、夕方辺りから練習風景も公開していたので数枚撮ることもできました。
ドックヤード内前列3列目で撮ってましたが、はっきり言って一番前じゃないと写真撮れないと思います。上から狙うのもありでしょうかね。
この写真は200mmで撮りましたが300mmくらう欲しいところです。がしかしパフォーマーは至る所走り回り回転したりと、焦点全然合わせられないので、こんなパッカーンな写真しか撮れませんでしたorz
明日撮りに行く方は、引いて撮るのにはどのレンズでもいいと思いますが、パフォーマーアップで撮りたい方は200mm以上のレンズ、高感度に強いカメラで行かれるのがおすすめです。

撮影/横浜/ISO:200/絞り優先/EV±2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mm/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-07-30 22:16 | Machine | Comments(0)

500pxとgoogle+を始めました。

c0214542_2212263.jpg

flickrの容量がいっぱいになりそうなので、話題(ちょっと古い)の500px始めて見ました。個人的にvimeoの写真版みたいな印象です。vimeoが動画に特化しているのなら、500pxは写真に特化したサイトですね。"これはすげぇ"って写真ばかりです。HDRもクオリティが高いものばかりです。レベル高すぎてアップロードするのに躊躇してまうくらいです。blogは好き勝手上げてますけど。

twitter、facebook、google+やってる方なら分かると思いますが、HDRのサークルも結構ありますし、実際僕のtwitterのフォロワーの半分は海外のHDR photographerさんです。まぁtwitterはブログの更新お知らせとか、tumblr垂れ流したりとかですが...
HDR photographerの流れとして"Stuck in Customs"の"Trey Ratcliff"氏が完全にgoogle+に移行してtwitterとfacebookは垂れ流し状態なんで、みんなそれに便乗している印象ですね。僕もこの流れに乗っかっていこうと思ってます。

500pxのデータにgoogle+のリンク貼っているのでやってる方がいらっしゃったらフォローして下さい。
僕のページです→500px

撮影/横浜/ISO:200/絞り優先/9shot RAW/WB:オート
使用機材/EOS Kiss Digital無印/EF 50mm F1.8 II/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-07-26 22:06 | Architecture | Comments(2)

今年の夏のテーマは「動物」

c0214542_21585020.jpg

photomatix pro 4.1になって動体除去も優秀になったので、今まで動物は単射でFake HDRにしていましたがこの夏は動物もマルチショットによるHDRにしてみたいと思います。まぁこのチンパンジーは暑さで全然動いてなかったわけですが . . .

野毛山動物園は入園料無料っていうのがいいですね。若干タダっていうクオリティが某所某所に見られますが、まぁ文句は言えないでしょう。
そういえば今月末に野毛山に新しい展望台が完成するようです。まだ工事中で入れませんが、横浜が一望できるので完成したら新しい横浜の風景をHDRにしてみたいと思います。

撮影/横浜/ISO:200/絞り優先/3shot RAW/WB:オート
使用機材/EOS Kiss Digital無印/EF 50mm F1.8 II/
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-07-23 22:03 | Animal | Comments(2)

Photomatix Pro 4.1 検証レポ3

今回はずれ補正と動体除去についてです。Photomatix Pro 4.0でかなり優秀になりましたが、4.1でさらに強力になったようです。
下のピクチャは左からv:4.1,v:4.04,v:3.0です。3.0は僕がHDRを始めた時のPhotomatixのバージョンです。今見るとずいぶんシンプルですね(笑)
4.1になって"Align source images"の項目に"include perspective correction"という機能が増えたようです。どうやら遠近のずれも補正してくれるようですね。
"Remove ghosts"では"Semi-manual(recommended)"が"with Selective Deghost tool(recommended)"と名称が変化しています。内容はあまり変わりません。
c0214542_22331923.jpg

今回はこの写真を使っていきます。左からEV値+2,+1,±0,−1,−2です。手持ちで撮ってます。
c0214542_22303876.jpg

これは5枚の写真を重ねて透過したものです。かなり人物がずれているのがお分かりして頂けると思います。細かく言うと、回転軸もずれているので駅舎もずれています。
c0214542_22314424.jpg

ではピクチャの設定通りにトーンマッピングしていきます。左からv:4.1,v:4.02,v:3.0です。
4.02でもかなり動体補正してくれますが、やはり多少ゴーストが残ってしまいます。拡大して確認していきましょう。
c0214542_22325314.jpg

c0214542_22323972.jpg

拡大すると差は歴然ですね。4.1だと"Remove ghosts"を"automatically-High"で十分動体除去してくれそうです。3.0ってこんなにひどかったっけ?と思わせるほどです。しかしオート設定だと、3.0は思い切ってやってるところがあるんで、4.0よりも精度が良いところと悪いところが出てますね。
ただもっと近い被写体だとどうなるのかもっと検証が必要かと思われます。でも昔に比べるとかなり撮影方法も変わって来ましたね。昔は昼までも三脚セットして"何撮ってんだコイツ?"って目で見られてましたし懐かしいですね。このバージョンアップを無料でしてくれるphotomatixは本当にすばらしいですね。
c0214542_2395928.jpg


3.0から4.1までのバージョンアップ履歴をまとめてみました。
2008
v3.0:27-Mar
v3.0.1:7-Apr
v3.0.2:7-Apr
v3.0.3:12-May
v3.1:23-Oct
v3.1.1:2-Dec
2009
v3.1.3:4-Feb
v3.2:13-Jul9
v3.2.1:10-Aug
v3.2.2:25-Aug
v3.2.3:16-Sep
v3.2.4:28-Sep
v3.2.5:29-Sep
v3.2.6:11-Oct
2010
v3.2.7:7-Jan
v3.2.8:18-Apr
v3.2.9:18-May
v4.0:28-Sep
v4.0.1:17-Oct
v4.0.2:18-Nov
2011
v4.0.4:14-Jul
v4.1:16-Jul

いつの間にかでバージョンアップしているので、英語版を使っている方はtwiiterやfacebookでフォローして情報を得るのもいいと思います。
Photomatix twitterへ
Photomatix facebookへ
Photomatix Pro 4.1 ダウンロードページへ

※日本語版を使っている方はアップロードすると強制的に英語版になってしまうのでご注意ください。

撮影/横浜/ISO:200/絞り優先/EV±2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mm/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-07-21 23:25 | HDRI 制作関連 | Comments(2)

Photomatix Pro 4.1 検証レポ2

c0214542_2056199.jpg

今回はPhotomatix Pro 4.1がリリースされて大きく変わったところを説明します。
#Photomatix Pro 4.1にアップグレードすると日本語版を使っていても強制的に英語版になるのでご注意ください。
ちなみに僕はMac OS X 10.6 Snow Leopardを使っているのでこれにそって説明していきます。
まぁMACもWinもさほど変わらないでしょう。

Photomatix Pro 4.1 ダウンロードページへ

4.02以前まであった機能は4.1になって名称が大きく変わっていたり、表示位置もかなり変わっている機能があるので最初は戸惑るかもしれませんがなれると平気です。では上の機能から説明していきます。左が4.02、右が4.1の作業画面です。黒くなってMACっぽくなっていいですね。
c0214542_2072373.jpg

・Strength/Color Saturation/Luminostly
変化はありません。

・Microcontrast→Detailcontrast
4.1の一つ前のバージョンの4.0.2まではMicrocontrastと呼ばれていた機能はDetailcontrastへと名称が変わっています。内容はあまり変化している印象はありません。

・Smoothing→Lightning Adjustments
4.0.2まではsmoothingと呼ばれていた機能が、Lightning Adjustmentsに変わりました。またLight modeのチェックもLighting Effecsへと変わっています。チェックを入れた後の名称も変わっているのでちゅういが必要です。
4.02以前→4.1
Min→Surreal+
Low→Surreal
Mid→Medium
High→Natural
Max→Natural+

ここから表示形式が大きく変わっています。上の画像は4.02、下の画像はは4.1の作業画面です。
c0214542_207336.jpg

c0214542_207439.jpg

・Tone setting/ Color setting/Miscellaneous setting→Hide More Options/Hide Advanced Options
今まで3つあったセッティングから2つのオプションに変わっています。
4.02以前→4.1
White Point:Tone setting→Hide More Options
Black Point:Tone setting→Hide More Options
Gamma:Tone setting→Hide More Options
Temperature:Color setting→Hide More Options
Saturation Highlights:Color setting→Hide Advanced Options
Saturation Shadows:Color setting→Hide Advanced Options
Micro-smoothing:Miscellaneous setting→Hide Advanced Options
Highlights Smoothness→Smooth Highlights:Miscellaneous setting→Hide More Options
Shadows Smoothness:Miscellaneous setting→Hide Advanced Options
Shadows Clipping:Miscellaneous setting→Hide Advanced Options

#細かいところで言うと、Highlights SmoothnessがSmooth Highlightsに変わっています。

3つから2つに分けた理由としては常時使う機能とあまり使わないという機能に分けたのだと予想します。僕の経験上、Hide Advanced Optionsの機能は使いません。photomatixユーザーから分けてくれって言われたのかもしれませんね。個人的にかなりやりやすくなった気がします。
c0214542_20511834.jpg

これはトップにあるHDRのキャプチャです。左が4.02、右が4.1です。どちらともレタッチ前のオリジナルで、各設定数値はまったく同じです。
小さいサイズでも見てとれるように、空のエンハンスがかなり制御されているようです。ビルの周りのオーラのようなエンハンスがほとんど無くなりました。逆光の木の裏辺りも色のノリがよくなって、不自然さが抑えられた気がします。
空のHDR合成が苦手な方はぜひバージョンアップしてみましょう。
次回は動体除去について記事にしたいと思います。

Photomatix Pro 4.1 検証レポ1
Photomatix Pro 4.1 ダウンロードページへ


撮影/横浜/ISO:100/絞り優先/EV±2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mm/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-07-19 21:01 | HDRI 制作関連 | Comments(2)

Photomatix Pro 4.1 検証レポ1

c0214542_22263623.jpg

6月3日にPhotomatix Pro 4.1 beta7がリリースされ、テスト段階だったようですが、昨日16日に正規版の4.1がリリースされたようです。β版はかなりのバグが報告されたようですが改善され機能も向上したようです。以下PhotomatixのHPに記述されてあった4.1になって向上した機能と、改善されたバグの一覧です。excite翻訳は基本信頼していないので、google翻訳にかけて更に独自に読みやすくかなり意訳している箇所もありますがだいたい合っているでしょう。

■Photomatix Pro 4.1 Updated 機能
・トーンマッピング/ Fusionのプレビュー上で範囲を選択し、元の写真とそれを交換する機能。 プレビューウィンドウ上で"選択モード"オプションでは、ユーザーがなげなわツールを持つ1つ以上の領域を選択し、ソースイメージ(複数可)のいずれかで選択した領域を置き換えることができます。 "エッジに添付"ボタンをクリックすると、自動的に最も近いエッジに従うように選択を調整します。
改善された自動ゴーストリダクション:より多くのゴ​​ーストを除去し生成されます。
シャープネスの加算が融合する設定/方法を調整します。
数倍速く、よりよい結果をもたらします。:フュージョン/インテンシブ方法の改善。
・マッチング機能により、アラインメントからパースペクティブコレクションを除外するオプション。
・"クイック選択"オプションが選択Deghostingツールに追加された、一筆書きツールでその領域が自動的にマークされる。
・Windowsでプリセットサムネイルパネルを表示しないように環境設定でオプションを追加するときにトーンマッピング/ Fusionで負荷がかかる。
・設定のデフォルト値にリセットさスライダーをダブルクリックで選択。
・選択Deghostingダイアログは、特定のEVで写真を選択するためのコンテクストメニューでソースの写真のサムネイルが表示されます。
・最大アラインメントシフトを設定する機能を追加しました。
・"プレビュー"モードで細部強調で大きなファイルを処理する、またはFusion /調整で比較的大きなファイルを処理するために使用される一時ファイルの場所を設定するための環境設定のオプションが追加されました。
・マックOS 10.5以降では、プログレスバーは処理中に、Dockのアイコンに表示されます。
・プリセットサムネイルパネルの長さは、現在サイズ変更が可能です。
・ [細部強調]設定の調整ウィンドウのネーミングとプレゼンテーションの変更。
サムスンNX1とSONY290、オリンパスE - PL2、ニコ​​ンD5100、富士HS20EXR、F550EXRとX100からファイルをサポートするRAW変換を更新。

■Photomatix Pro 4.1で改善されたバグ一覧
・ポートレートモードのJPEGファイルは、常に正しい方向にロードされませんでした。
TIFFとして保存された画像は、Adobe Bridgeの適切なDPIの解像度が表示されない。
アンダー単一のJPEGまたは8ビットTIFFのトーンマッピングが不正な結果を生成した。
Photomatix Proは、イメージの処理を終了する前に、ユーザーは、Lightroomの別の写真を選択するとスタッキング、Lightroomで処理された画像を再インポートすると正常に動作していませんでした。
6143ピクセル以上の幅または高さを有する画像処理時にノイズリダクションがクラッシュしました。(どんだけでかいサイズで撮ってんだよwww)
バッチ処理でdeghostingにチャックを入れると稀にクラッシュする(チェックをはずしてからボックス"32ビットのHDRファイルにマージ"、と確認すると可能である)
・ドックにPhotomatix Proはアイコンに括弧画像をドラッグするが、このアプリでまだ開かれていないときは、トーンマッピング/フュージョンダイアログは"表示の中間32ビットのHDRファイル"ボックスをオフのままにされていても表示されませんでした。
・メモリリークするたびにトーンマッピングのプレビューは、エンハンサーは、選択された詳細で更新されました。
・"360度の画像"オプションがtonemapped画像に埋め込まれた設定の一部ではなかった。
・バッチ処理(ブラケットしたフレームと、部分選択の自動検出)の高度な機能は、ファイルの種類でフィルタリングされたファイルのリスト上で正常に機能していなかった。
Mac OSの10.4/Tigerで、"プレビューdeghosting"ボタンをクリックすると、時々クラッシュする可能性があります。
ペンタックスK - 5(およびおそらく他のペンタックスのモデル)からRAWファイルをロードする場合、結果の画像は右側の境界線上に赤い線を持っていた。
(これはPhotomatix Pro 4.1だけではなく、4.0でも見られたバグ。hiroさんのK-7で撮った工場のフリー素材でやってみても見られたバグなので改善されてPentaxユーザーウハウハ)
・選択Deghostingウィンドウで、コンテキストメニューにデフォルトで選択された写真は、多くの場合、非実体化された範囲のための適切な露出ではなかった。
・ファイルリストはファイルのタイプによってフィルタリングされたときに、バッチ処理の詳細オプションが正しく動作しませんでした。
・RAWファイルをトーンマッピングするときにバッチシングル写真は任意のカラープロファイルを埋め込むことはなかった。Photomatixはによって作成され、カラープロファイルの名前でタグ付けされたラディアンスファイルをトーンマッピングするとき、それはどちらかそれを埋め込むことはなかった。
・バッチシングル写真は、環境設定で設定されたキーワードを追加しませんでした。
・Photomatix Proで開いた画像が(ただし表示はトーンマッピングした後正確だった)ファイルに埋め込まれたカラープロファイルに応じて表示されませんでした
・Photomatixはで保存した画像を開いて、その時のPhotoshopから返されるエラーはtonemapped画像を再オープンした後二回目をtonemappedされていた。
複数の露出など、ニコンD7000のショットからNEFファイルには、強力なマゼンタのキャストが発生する可能性があります。
・範囲の非実体化し、選択Dehgostingツールの"プレビューDeghosting"ボタンをクリック、明るさのスライダを調整を選択した後、非常に暗いプレビューを表示する
アルファチャンネルを32ビットのTIFFファイルを開くために失敗。

以上です。この一ヶ月かなりのユーザーがバッグ報告してたようですが見事改善されています。個人的にPentaxで発生するバグが改善されたのは嬉しいです。
Photomatix Pro 4.1ダウンロードページへ

撮影/横浜/ISO:100/絞り優先/EV±2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mm/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-07-17 22:28 | HDRI 制作関連 | Comments(46)

コクリコ坂から ヨコハマガイドでスタンプラリー

c0214542_2238326.jpg

コクリコ坂からを見てきました。ジブリ作品に対する感想、批評、批判は素人/プロが語ったところでとても陳腐なものなので「ただ良かった」だけと言っておきましょう。

今回コクリコ坂からは横浜市とKDDIとタイアップして、横浜がコクリコ坂からにジャックされています。コクリコ坂からのシンボルの旗が至る所で風でなびいています。もう一つの目玉はスタンプラリーが行われています。スタンプは全部で8箇所あり、5個以上集めるとシンボルの旗をモデルにしたピンバッチが限定1万個用意されています。スタンプが設置してある場所にスタンプラリーの用紙兼ヨコハマガイドが配布されているので、コクリコ坂からを見終わった方はそのまま聖地巡礼と横浜の街を観光してみてはどうでしょうか?こんな暑さですが、スタンプ設置場所にはオリジナルのうちわが限定30万個無料配布されているのでクッズ集めもかねて暑さに負けず行ってみましょう。僕はもう前箇所コンプリートしてバッチもうちわもゲットしました!

さてスタンプ設置場所ですが、全部写真に撮ってHDRにしてある場所でした(汗) あと1カ所を覗いて、まったくコクリコ坂とは関係ない(笑) なので、今日新しく写真を撮ってきてHDR合成したので1カ所以外紹介しときます。数が多いのでflickrにアップしたのでリンクしておきます。水色になっている設置箇所の名前をクリックするとflickrに飛びます。

まずは桜木町駅で降りて横浜みなと博物館に行くのがベストだと思います。他はちょっと遠いので、バスか車で行くことをお勧めします。

1:帆船日本丸/横浜みなと博物館
なるほど、8月21日まで「のぞいてみよう深海の不思議展」がやってるから見ろということだな。今度行ってみよう。
2:横浜港大桟橋国際客船ターミナル
以外に赤字経営らしい。横浜の夜景を撮りましょう。
3:China Town 80(横浜中華街)
なるほど、おいしい中華を食べ歩きしろということだな。肉まん食べた。
4:横浜開港資料館
横浜港の歴史を学びましょう。タモリ倶楽部みたいな気分で。
5:外交官の家
ちょっと遠いので一休みにカフェでまったりしましょう。
6:県立神奈川近代文学館
なるほど、「漱石と文人たちの書画」展を見ろということだな。
7:ここは映画にも舞台になっていてネタバレになるので秘密にしておきます。映画を見てから行きましょう。
8:最後に指定の横浜市内にあるau携帯ショップに行って、記念品のバッチを受け取ることができます。
なるほど、ついでにau携帯に乗り換えろということだな。

以上8箇所です。この連休で横浜観光してみてはどうでしょうか?
ちなみに桜木町には階段に1950年から現代までの桜木町の歴史を知ることのできる写真が設置してあります。ただコクリコ坂からの設定である1960年代の写真は無いっていうね . . .
c0214542_2310313.jpg

#6月初めに、Photomatix pro 4.1(β版)がリリースされてます。nonbeさんも検証していますが、はっきり言って動体除去が異常に精度が上がっています。1枚目も2枚目も手持ちで5shotブラケットですよ。単射で撮ったように風でなびくコクリコ坂からの旗のずれがまったくありません。昼間でも三脚使ってた頃が懐かしいです。

#と、思ったら、本日正規版のPhotomatix pro 4.1がリリースされたようです。早速ダウンロード!
http://hdrsoft.com/download.html

撮影/横浜/ISO:100/絞り優先/EV±2/5shot/WB:オート
使用機材/PENTAX K20D/TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5mm/Adobe Photoshop CS5/SILKYPIX Developer Studio
[PR]
by no_doiken_no_life | 2011-07-16 23:23 | City | Comments(0)
2013/10 l 2013/09 l 2013/08 l 2013/07 l 2013/06 l 2013/05 l 2013/04 l 2013/03 l 2013/02 l 2013/01 l 2012/12 l 2012/11 l 2012/10 l 2012/09 l 2012/08 l 2012/07 l 2012/06 l 2012/05 l 2012/04 l 2012/03 l 2012/02 l 2012/01 l 2011/12 l 2011/11 l 2011/10 l 2011/09 l 2011/08 l 2011/07 l 2011/06 l 2011/05 l 2011/04 l 2011/03 l 2011/02 l 2011/01 l 2010/12 l 2010/11 l 2010/10 l 2010/09 l 2010/08 l 2010/07 l 2010/06 l 2010/05 l 2010/04 l 2010/03 l 2010/02 l 2009/12 l 2009/11 l 2009/10 l▲TOPページへ 1st:HDRIとは?l 2nd:HDRIの撮影方法 l 3rd:HDRIの作成方法 l 4th:Photoshopのレタッチ術 l 5th:レタッチ応用編 lRSSl